ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

随時登録募集案件のご案内

当社では、物品購買及び工事等請負契約(工事、車両等関係業務及び調査・設計・測量業務)の取引を行う場合、当社基準に基づく審査をあらかじめ実施した上で、取引予定先として登録する制度を採用しております。

募集案件一覧

現在募集中の案件一覧を提示します。

募集案件 提案募集日 募集締切日
現在募集はありません
  • 締切は募集締切日の17:00までとします。

登録お申込み

登録が必要な案件にお申込みいただく場合、以下のリンク先の内容を必ずお読みの上、同リンク先の「取引先資格1次審査申請書(随時)」に入力し、お申込みください。

競争参加資格(共通)

(1) 契約を締結する能力を有しない者でないこと。

(2) 破産者で復権を得ない者でないこと。

(3) 次の各号に掲げる事実のいずれかに該当しない者で、その事実があった後3年を経過していない者でないこと。①契約の履行に当たり、故意に履行を粗雑にし、又は品質若しくは数量に関して不正の行為をしたこと。②公正な競争の執行を妨げた者、又は公正な価格を害し、若しくは不正の利益を得るため連合したこと。③他者の競争の参加又は契約の締結若しくは履行を妨げたこと。④正当な理由がなくて契約を履行しなかったこと。⑤監督又は検査の実施に当たり社員の職務の執行を妨げたこと。⑥契約に関し、不正若しくは不当の行為又はこれに類似した行為により事故を起こし、その他信義誠実に欠ける行為をしたこと。⑦正当な理由がなくて、契約に関し、東京地下鉄株式会社(以下「会社」という。)との間において現に係争中であること。⑧契約に関し、現に履行遅滞となっていること。⑨契約の履行成績又はアフター・サービスが著しく不良であったこと。⑩申請書類中の重要な事項について虚偽の記載をし、又は重要な事実について記載をしなかったこと、その他会社に提出した書類に虚偽の記載をしたこと。⑪①~⑦までのいずれかに該当する事実があった後3年を経過しない者を契約の履行に当たり、代理人、支配人その他の使用人として使用したこと。

(4) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てがなされている者(更生手続開始の決定を受けた者及び再生手続開始の決定を受けた者を除く。)若しくは手形交換所による取引停止処分、主要取引先から取引停止等の事実があり、経営状況が著しく不健全であると認められる者でないこと。

(5) 暴力団員、暴力団関係者その他反社会的勢力であること、又はそれらの者との関与があると認められる者でないこと。