リニューアル後の銀座線浅草駅、浅草寺のデザインを取り入れてどうなった!?写真でレポート!

2017年12月30日で上野駅~浅草駅間の開通90周年を迎える銀座線は現在、各駅のリニューアルを進行中! なかでも下町エリアのリニューアルは一部をのぞいて2017年12月に完了しました。

この記事では、はやくもリニューアルが完了した浅草駅の内部をご紹介! はたして、どんな姿に生まれ変わったのでしょうか。

【下町エリアとは】
1927年に上野駅〜浅草駅で東洋初の地下鉄として開通した歴史を活かし、当時の雰囲気から親しみを感じられる7駅を下町エリア(浅草・田原町・稲荷町・上野・上野広小路・末広町・神田の各駅)として位置づけています。

「祭りの街」を目指した浅草駅の姿はいかに!?

浅草駅のリニューアルは「祭りの街」をコンセプトに、浅草地域をホームから感じていただけるデザインを目指していました。イメージはこちら。

それがどんなふうに仕上がったかというと...

こちらが、リニューアルが完了した浅草駅のホーム!

浅草寺に使われている赤「べんがら色」を配しています。天井も、赤のルーバーで浅草寺の垂木を表現。

さらに「祭りの街」を盛り上げるため、天井近くにはブラケット照明を提灯型にして連続的に配置しました。

壁面も、赤色のリブ形状金属パネルをアクセントとして配置しています。

そして、目立たない部分ですが、床の張り替え工事も行い、より滑りにくい材質のものに交換。また、これまでのホームは水はけのために線路側に向かって傾斜がついていましたが、今回の工事でほぼフラットになるようかさ上げ工事を行いました。さらに、ホームドアの設置も完了しています。

ちなみに、地上への出口である上家は先行して完成しています。

3月の「隅田川の桜」、5月の「三社祭」、7月の「隅田川花火大会」と、ほぼ2ヶ月おきに大きなイベントがある浅草。さらに、海外からの観光客も年々増え続けています。訪れる人々に、少しでも快適な体験をしてほしい、そんな思いで新しい姿へと生まれ変わった浅草駅。ご利用の際はぜひ、新しいホームに注目してみてください。

【関連記事】
開通90周年の浅草駅、制約が多くて工事が大変です!【工事の進捗いかがですか?】

浅草駅:2017年12月リニューアル完了(一部除く)

※エレベーター新設は2023年度までに行います。

2018年1月25日時点

;
タグ

RANKING