「美術館のある街」がコンセプト!銀座線上野駅のリニューアル後の姿とは?写真でレポート!

2017年12月30日で上野駅~浅草駅間の開通90周年を迎える銀座線は現在、各駅のリニューアルを進行中! なかでも下町エリアのリニューアルは一部をのぞいて2017年12月に完了しました。

この記事では、はやくもリニューアルが完了した上野駅の内部をご紹介! はたして、どんな姿に生まれ変わったのでしょうか。

【下町エリアとは】
1927年に上野駅〜浅草駅で東洋初の地下鉄として開通した歴史を活かし、当時の雰囲気から親しみを感じられる7駅を下町エリア(浅草・田原町・稲荷町・上野・上野広小路・末広町・神田の各駅)として位置づけています。

"美術館"を目指したリニューアルはどうなった!?

銀座線のリニューアルは駅ごとのコンセプトにそって工事を進めています。上野駅のコンセプトは「美術館のある街」。イメージはこんなイラストでした。

それがどうなったかというと...こちらが仕上がりの様子!

天井近くにはオレンジのライトが点灯、銀座線のラインカラーを示しています。

改札の真ん中にショーケースのようなものが見えますね。ちょっと寄ってみましょう。

これ、なんだかわかりますか? 地下鉄開通当初の改札を模したレプリカなんです! ターンスタイルの自動改札機といって、10銭硬貨(当時のお金)を入れると1人が通過するだけの分、木のバーが回転するというもの。自動改札の元祖が導入されていたのでした。ちなみに葛西駅にある地下鉄博物館では、このターンスタイルの自動改札機を体験できます。実際に通過することもできます。

それではホームに行ってみましょう。

こちらが完成した上野駅のホーム。柱が、まるで美術館にあるような、重厚な石造りのもののようです。柱に寄ってみると、

駅名、そして銀座線(G)の16番目の駅であることが石のはめ込みによって示されています。

上野駅のリニューアルは、目に見えるところだけではありません。ホームドアが設置されていますが、そこだけでなく乗降するホームの端にもご注目ください。

この写真のようにゴムのステップがホームからわずかに出ています。これは、お客様が転落されることがないよう、ホームと電車のあいだの隙間が大きい箇所に設置されたもの。このゴムでも隙間が埋まらない箇所には、電車到着時にステップが繰り出す「可動ステップ」というものを取り付けることで大きな隙間ができないようにしています。

このように、たたずまいは美術館のある街上野にふさわしく、機能的にも安全性を追求したリニューアル後の上野駅。ホームに降り立った際はぜひ、そのデザインに目を向けてみてください。

上野駅:2017年12月リニューアル完了(一部除く)

※通路段差解消は2025年度までに行います。

2018年1月25日時点

タグ

RANKING