リニューアル後の銀座線末広町駅はどうなった!?鏡面仕上げが施されたその姿を写真でレポート!

2017年12月30日で上野駅~浅草駅間の開通90周年を迎える銀座線は現在、各駅のリニューアルを進行中! なかでも下町エリアのリニューアルは一部をのぞいて2017年12月に完了しました。

この記事では、はやくもリニューアルが完了した末広町駅の内部をご紹介! はたして、どんな姿に生まれ変わったのでしょうか。

【下町エリアとは】
1927年に上野駅〜浅草駅で東洋初の地下鉄として開通した歴史を活かし、当時の雰囲気から親しみを感じられる7駅を下町エリア(浅草・田原町・稲荷町・上野・上野広小路・末広町・神田の各駅)として位置づけています。

「でんきの街」がコンセプト、ホームはどのように仕上がった!?

末広町駅は電気街秋葉原にほど近く、玄関口ともいえる駅。そこで、「でんきの街」を駅のリニューアルコンセプトに据えて工事を行ってきました。こちらがデザインのイメージです。

これがどのように駅に反映されたかというと...こうなりました!

ホームのデザインモチーフは「ブラウン管」。天井が鏡面仕上げになっていて、さまざまなものを映しこみます。壁面と天井の照明で、空間の広がりを演出しています。

天井の鏡面仕上げ、寄ってみるとかなりきれいにものを映しこむのがわかりますね。

最終的には、各ホーム階から地上階までのエレベーター、エスカレーター(渋谷方面のみ)も整備。よりアクセスしやすい末広町駅となる予定です。さらに、ベンチも増設されました。

ベンチの背面にある絵、見たことがあるでしょうか。リニューアルを行う前の末広町駅ホームに飾られていたもので、さまざまな家電製品が描かれています。リニューアル後の駅ホームにも飾られることになりました。

以前ホームに飾られていたときの様子

このように、古いデザインも活かされている末広町駅。昔に思いを馳せながら、新しい駅のうつくしさに注目してください。

【関連記事】
資材置き場が少なすぎ!銀座線末広町駅、狭いがゆえの工事の苦労【工事の進捗いかがですか?】

末広町駅:2017年12月リニューアル完了(一部除く)

※出入口上家改装およびトイレ改装は2018年9月、エレベーター新設は2019年度までに行います。

2018年1月25日時点

タグ

RANKING