リニューアル後の銀座線神田駅はどんな姿に!?ホームに歴史的遺構が!?写真でレポート!

2017年12月30日で上野駅~浅草駅間の開通90周年を迎える銀座線は現在、各駅のリニューアルを進行中! なかでも下町エリアのリニューアルは一部をのぞいて2017年12月に完了しました。

この記事では、はやくもリニューアルが完了した神田駅の内部をご紹介! はたして、どんな姿に生まれ変わったのでしょうか。

【下町エリアとは】
1927年に上野駅〜浅草駅で東洋初の地下鉄として開通した歴史を活かし、当時の雰囲気から親しみを感じられる7駅を下町エリア(浅草・田原町・稲荷町・上野・上野広小路・末広町・神田の各駅)として位置づけています。

「土木遺産」はどのように生かされた?

神田駅はホームにある「歴史的遺構」を活かしたデザインを採用していました。それがこちら。

ホームの柱にご注目。白の柱が黒い枠に囲まれています。リニューアル後のホームには、「選奨土木遺産*」として認定された歴史的遺構であり、神田駅の開通当時から駅を支え続けている鉄鋼框(てっこうかまち)構造*2を活用することになっていました。

*1「選奨土木遺産」とは、社団法人土木学会が、日本国内の歴史的建造物の中から、重要な土木構造物を保存することを目的として「土木遺産」に認定する仕組みのこと

*2 框構造とは、柱と梁を格子状に組み、その接合部を固定している構造のこと

それがどうなったかというと...このように!

鉄鋼框はガラスのショーケースのなかに。下からライトで照らして、駅の歴史を感じるギャラリーのような雰囲気になりました。

計8本の鉄鋼框がショーケースに収められるかたちに。そして、天井にもご注目。

神田駅建設当初、天井は連続してかまぼこ型にヘコんだ構造になっていました。その当時の構造の一部を残してデザインとしています。

神田駅で注目すべきはホームのみではありません。須田町方面改札の回廊がこちら。

焦げ茶を基調に、シックなデザインに生まれ変わりました。壁面の照明も、銀座線開通当初の車内の予備灯を模したデザインが採用されています。

さらに、神田はひと足先に完成した駅の出入口、上家にもご注目。

「昭和のオフィス街」がコンセプトですが、壁面が四角に切り取られて、まるでビルの窓から光がもれているようなデザインになりました。

神田という土地にマッチするようにつくられた新しい神田駅。お越しの際はぜひ、駅構内のデザインに注目してみてください。

神田駅:2017年12月リニューアル完了

2018年1月25日時点

タグ

RANKING