リニューアル後の銀座線上野広小路駅、「上品な横丁」はどう表現された!?写真でレポート!

2017年12月30日で上野駅~浅草駅間の開通90周年を迎える銀座線は現在、各駅のリニューアルを進行中! なかでも下町エリアのリニューアルは一部をのぞいて2017年12月に完了しました。

この記事では、はやくもリニューアルが完了した上野広小路駅の内部をご紹介! はたして、どんな姿に生まれ変わったのでしょうか。

【下町エリアとは】
1927(昭和2)年に上野駅〜浅草駅で東洋初の地下鉄として開通した歴史を活かし、当時の雰囲気から親しみを感じられる7駅を下町エリア(浅草・田原町・稲荷町・上野・上野広小路・末広町・神田の各駅)として位置づけています。

「上品な横丁」を目指した上野広小路駅の姿はいかに!?

上野広小路駅のリニューアルは、「上品な横丁」をコンセプトに、淡い光を灯す柔らかで温かみのある空間と、まばゆい光が際立つきらびやかな空間で街の賑わいや活気を演出することを目標にして進められました。デザインのコンセプト画がこちら。

それがどんなふうに仕上がったかというと...

こちらが、リニューアルが完了した上野広小路駅のホーム!

ホームの天井は黒でシックに仕上げることで、存在感をなくし、空間を広く感じられるよう工夫されています。

壁面には、織物をイメージしたガラスを配置。呉服屋が軒を連ねていた上野広小路ならではの意匠です。

さらに、こちらの額を見てみてください。

上野広小路を俯瞰で撮影した写真なのですが...

ぐぐっと寄ってみると、なんと織物であることがわかります! しかも、布にそのままプリントしたのではなく、1本ずつの糸で絵柄が表現されています...!

線路部分の天井は、歴史的な構造であるかまぼこ型の天井と鉄鋼框(てっこうかまち)を活かしたつくり。開業当時の雰囲気と懐かしさを演出しています。

もちろんホームドアも設置し、安全性が向上しました。

上野広小路駅がある中央通りは、アメヤ横丁と並ぶ上野のメインストリート。老舗百貨店やジュエリー店、呉服店などの活気あふれる店舗が軒を連ね、今日も賑わいを見せています。
歴史ある上野の横丁を意識して、過去と現代の融合によって生まれ変わった上野広小路駅。その新たな姿をぜひご覧ください。

上野広小路駅:2017年12月リニューアル完了(一部除く)

※エレベーター新設は2019年度、トイレ改装は2023年度までに行います。

2018年1月25日時点

タグ

RANKING