私は"表参道駅ならおまかせ!"なメトロ人です!─メトログループ社員にインタビュー!メトロ人トーク─

メトログループ社員にインタビューし、仕事の内容やこだわりを聞くメトロ人トーク。今回は銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅に勤める表参道駅に勤める長谷川順也さんに話を聞きました。

──表参道駅のインフォメーションカウンターがお仕事場?

はい! 構内に5か所あるカウンターを時間ごとに回って、乗車券の精算や乗り換え、駅周辺のご案内などをしています。それと、ホームに立って車掌へ合図も出します。

──これは合図用の器具? 2種類あるのはどうして?

article_img_18042701_02.jpg

通常は白・赤・緑の光で車掌にサインを送る合図灯(左)を使い、千代田線表参道駅のホームのようにカーブになっていて車掌から合図が見えにく い所は、戸閉合図器(右)でホーム内に設置された表示器に合図を表示させ車掌に知らせます。

──なるほど。さまざまな合図を駆使してホームの安全を確保しているんですね。ところで好きな駅はありますか?

千代田線綾瀬駅近くに、おじいちゃんとおばあちゃんがやっている昔ながらのラーメン屋さんがあるんです。流行りのラーメンではないのですが、僕のことも覚えていてくれて、行くとなんだかほっとするんですよ。だから、 お店のある綾瀬駅が大好きになっちゃいました。

──ラーメン以外にもハマっていることはありますか?

テニスとか旅行とか...。最近ではフィギュアスケートも。

──えっ、フィギュア!? すてきな趣味ですね!

トリノオリンピックで活躍された村主章枝さんのファンになってリンクに通っているうちに、自分も滑ってみたくなって(笑)。マスターズという大会にも、毎年出場しています。まだまだですけど、楽しいですよ。

TOKYO METRO NEWS 2017年7月号より

タグ

RANKING