MetroWalker 2014 Autumn
16/24

秋刀魚&牡蠣の簡単レシピ!魚介で人気のお店直伝!今回紹介した魚介自慢のお店のシェフが考案した、家庭ですぐに出来る美味しくて簡単なレシピを直伝。家にある材料でささっと出来るのでぜひお試しを!秋刀魚とほうじ茶の炊き込みご飯ほうじ茶と生姜で秋刀魚の臭みが消え美味しさUP! ほうじ茶はしっかり冷ましてから使うこと。POINT材料を包む時は手前からホイルをしっかり折り込み舟形に整える。牡蠣の旨みを逃さず蒸し焼きにするのがコツ。POINT米は研いだあとザルにあげ、水切りしておく。1 秋刀魚はグリルなどでこんがりと焼いておく。2 ほうじ茶40gを420ccの熱湯で煮出したあと常温まで冷ます。3 作り方材料の上にバターをのせ、酒と醤油をふりかける。加熱用の牡蠣を洗い、軽く水分を切っておく。1 アルミホイルに玉ねぎ、牡蠣、きのこの順にのせていく。2 3 シェフが教える秋刀魚牡蠣作り方材料(2~3人前)米2合ほうじ茶420cc(40gの茶葉で煮出したもの)薄口醤油20cc 秋刀魚1尾アサリ200g アサリの煮汁20cc生姜40g(千切り)  しめじ1パック砂出ししたアサリは殻を洗い酒蒸しした後、煮汁と身を分けておく。4 材料をすべて炊飯器に入れ、「炊き込み」設定で炊き上げる。5 カットしたアルミホイルをかぶせ、手前、奥の順にしっかり折り、両サイドは舟形に形を整える。4 オーブントースターを一番高温に設定し、12~13分程度焼き上げる。5 材料(2人前)牡蠣のむき身80g玉ねぎ1/4個(くし切り)きのこ(シメジなどお好みで)10g酒、醤油 少々バター 1かけ牡蠣ときのこのホイル焼き「イタリア料理 Anastia」大原 潔シェフに教えてもらいました!「魚や『粋』」山田泰嗣店長に教えてもらいました!撮影/山田和幸16

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です