MetroWalker 2014 Autumn
19/24

イラスト/平田利之イラスト/平田利之これであなたもメトロ通。改札を通る前要確認の4駅上野駅務管区 石森裕貴さん銀座線の駅には、改札を通ってホームに入ると逆方向には渡ることのできない駅が4駅あります。﹁田原町駅﹂﹁稲荷町駅﹂﹁上野広小路駅﹂﹁末広町駅﹂です。その中でも﹁稲荷町駅﹂と﹁末広町駅﹂は改札外通常、東京メトロの路線は新しく開業するほど地下に深くなります。それは、既に走っている路線の下に新しい路線を造るからです。もちろん駅も同様なのですが、例外もあります。﹁永田町駅﹂は、昭和49︵1974︶年に有楽町線が開業、昭和54︵1979︶年に半蔵門線が開業、平成9︵1997︶年に南北線が開業しました。普通なら浅い順に、有楽町線、半蔵門線、南北線の順番なのですが、この駅の場合は、有楽町線、南北線の下に半蔵門線の駅があります。東京メトロのロゴマークとしておなじみのハートを模したM、通称"ハートM"。平成16︵2004︶年の東京地下鉄株式会社発足とともに誕生したこのロゴマークは、英国・ロンドンを拠点とするブランド・コンサルタント会社がデザインしたものです。ほかにも、平成24︵2012︶年に開催されたロンドン・オリンピックのシンボル・マークなどもこの会社が手掛けています。つかありますが、駅名に屋号が使われているのは﹁三越前駅﹂だけ。店舗へ直通の出入り口の設置をはじめ、銀座線ホームの壁面に描かれた三越の﹁三﹂をモチーフにした赤い3本線、輸入タイル・大理石張りや真しん鍮ちゅう製手摺りなど、ほかの駅にはない仕様が特徴となっています。開業の経緯を踏まえて改めて﹁三越前駅﹂を訪れると、今までとは違った楽しみ方ができますよ。にも地下通路がなく、反対方向のホームへは、﹁稲荷町駅﹂は浅草通り、﹁末広町駅﹂は中央通りを渡らないと行くことはできません。改札へ降りる階段には行先が書いてありますので、必ず確認してから入ってください。改札を通った後で反対方向に行きたい場合は、改札の駅員をお訪ねください。くれぐれも線路を渡って反対のホームへは行かないようお願いします。古い方が深い永田町駅の不思議ロゴマーク〝ハートM〟のデザインは!?浦安駅務管区 髙﨑康晃さん飯田橋駅務管区 遠藤公平さん普段、何気なく使っている地下鉄。その裏側には様々なものが潜んでいる。ここでは、そんなメトロの雑学を紹介。昭和7︵1932︶年に開業した銀座線の﹁三越前駅﹂。この駅は、百貨店の﹁三越﹂が建設資金を全額負担してできた駅です。そのほかにも銀座線の駅には、﹁上野広小路駅﹂﹁日本橋駅﹂﹁京橋駅﹂﹁銀座駅﹂と、百貨店などが資金提供した駅がいく日本橋駅務管区 堀家泰之さん屋号の駅名は三越前駅だけ19

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です