MetroWalker 2014 Autumn
20/24

 昼時には2時間待ちも常の天丼専門店。〝粋で豪快〞をモットーにメニューは江戸前天丼1種類のみ。築地から毎朝仕入れる、長さ20㎝以上もある圧巻のアナゴをはじめ、イカと小柱のかき揚げ、温泉玉子、エビなど6種類の天ぷらがご飯の上に載っかる。ゴマ油の配合が少し多めのブレンド油を使い、180度以上の高温で一気に揚げるため、衣はカラッと香ばしい。サクサク感を損なわないように、程よくかかったタレは、日本調理師一心会の会長であった店主の祖父・金子半之助から受け継いだ、門外不出のものだそう。卓上にある、さっぱりとした甘酸漬けのがりごぼうや、香りのいい黒豆茶など、名脇役たちがさらに天丼を引き立てている。となり、店の定番料理になった。 牛タンは長時間煮込むためスプーンで切れるほどの柔らかさ。牛タンによく絡むふわとろの玉子の下には、ブラックペッパーの効いた〝炊き込みごはん風のバターライス〞が入っている。デミグラスソースのさらっとした後味の良さもあってか、見た目とは裏腹にあっという間に完食できてしまう。 目を奪うほど大きな牛タンが載ったオムライスは、創業約40年となるチャモロの看板。誕生のきっかけは、当時近所でTVドラマ「西部警察」の撮影が行われていた際、店によく訪れていた撮影関係者からの「オムライスに牛タンシチューをかけてほしい」という要望だった。見るからに食欲をそそるこの組み合わせは垂すい涎ぜんの的江戸前の気風の良さ光る豪快な天丼一本勝負圧巻の牛タンが目と舌を魅了する豪華オムライスボリュームよし、味よし、値段よしの三拍子そろった食欲を満たすひと皿。どちらも並んででも食べたい!江戸前天丼高温で揚げることで素材のよさが生かされ、アナゴの身は柔らかく、エビはプリッとした食感に。味噌汁120円を付けることができる。中央区日本橋室町1-11-15三越前駅A1出口を出た先の角を右折、さらに次の角を右折し、次の角を左折した先すぐ左03-3243-070711:00~21:30(LO)、㊏㊐㊗10:00~20:30(LO)なし950円金かね子こ半はん之の助すけ三越前駅 A1出口徒歩すぐやわらか厚切り牛タンオムライス余分な脂がなく、うま味が凝縮した牛タンとともに、玉子、ご飯、ソースを絡め一度に頬張れば至福の味が口に広がる。1,500円渋谷区恵比寿南1-2-8 B1恵比寿駅5出口を出て交差点を左 折してすぐ左 03-3710-763112:00~14:30(LO)、㊎㊏12:00~14:30(LO)、19:00~21:00(LO) ㊐レストラン チャモロ恵比寿駅 5出口徒歩すぐ撮影/池田真理20

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です