MetroWalker 2015 Autumn
11/24

☆江戸川公園☆日本橋室町 豊年萬福鶴巻町一休橋入口護国寺江戸川橋駅椿山荘神田川新目白通り1a出口飯田橋有楽町線目白通り首都高B6出口水天宮前昭和通り三越前駅三越前駅半蔵門線日本橋川神田日本橋三越COREDO室町銀座線大手町中央通り首都高☆沼田記念館・ミツトヨ記☆石川島資料館武蔵溝ノ口駅JR南武線イトヨー中ノクティプ梶が谷溝の口駅高津東急田園都市線東口月島有楽町線新富町駅築地日比谷線八丁堀駅茅場町佃大橋隅田川A2出口都営大江戸線☆沼田記念館・ミツトヨ記念館☆二ヶ領用水久地円筒分水☆明治丸☆石川島資料館☆地下鉄博物館☆紙の博物館武蔵溝ノ口駅JR南武線409イトーヨーカドー高津中学校ノクティプラザ2二子新地梶が谷溝の口駅高津駅東急田園都市線東口西口溝口梅林切通し栄橋キヤノン溝の口研修センター武蔵溝ノ口駅JR南武線409246246梶が谷溝の口駅高津東急田園都市線西口越中島駅JR京葉線東京海洋大学越中島キャンパス都営大江戸線清澄通り門前仲町駅木場東西線越中島公園相生橋茅場町4出口JR京葉線月島駅有楽町線新富町駅築地日比谷線八丁堀駅中央大橋茅場町豊洲相生橋マルエツ佃大橋隅田川A2出口6出口都営大江戸線葛西駅東西線(高架下)環七通り浦安西葛西博物館口318中央口飛鳥山博物館王子神谷JR京浜東北線王子駅都電荒川線明治通り西ケ原1出口王子駅北とぴあ王子駅前駅飛鳥山駅飛鳥山公園南北線秋散歩コラム佃島の歴史と伝統を散策1漁師町として発展し、佃島と呼ばれた月島エリア。風情ある街並みや、鼻をかすめる佃煮の香りなど町の随所に当時の面影を残すこの界隈を散策。撮影/池田真理、岡村智明、吉原重治豊洲中央大橋佃大橋有楽町線N0100m月島駅佃島渡船場跡ゴール6出口スタート7出口新富町駅築地駅佃天台子育地蔵尊天安住吉神社隅田川日比谷線新大橋通り聖路加国際病院聖路加国際大学明石小学校あかつき公園築地川公園聖路加タワー佃島小学校佃公園佃中学校都営大江戸線西仲通り商店街清澄通り銀座一丁目東銀座晴海通り佃大橋初見橋佃大橋西入船橋築地三築地七勝どき橋西八丁堀ファミリーマートセブン-イレブンサンクス※距離は地図下にある縮尺をご参考ください。かつて佃島と対岸を船で結んでいた佃の渡し。昭和2(1927)年に東京市(現・東京23区)が運営する曳船渡船に替わった際、それまでの手漕ぎ渡船が廃止され、隅田川両岸に石碑が建てられた。佃つくだ島じま渡と船せん場じょう跡あと中央区佃1-11-4/中央区湊3-18 見学自由佃煮発祥のこの地に店を構えて170年余り、土産や贈り物にも人気の佃煮の老舗。あさりやえびといった定番に加え、うなぎや秋~春限定のいなごなど、約20種の佃煮が並ぶ。代々受け継ぐ秘伝のタレを使い、愛される味を守り続けている。天てんやす安中央区佃1-1-1403-3531-3500 参拝自由 正保3(1646)年、徳川家康の命で摂津国(大阪)佃村の漁師とともに江戸に移った住吉神社(現・田蓑神社)の神主が創建。故郷より分霊した御祭神を祀り、今では地域の氏神として多くの人の信仰を集めている。住すみよしじんじゃ吉神社水盤舎の欄間に、佃の渡しや網を打つ小舟など、昔の佃島周辺の様子を描いた浮彫がある。中央区の有形文化財に指定されている。中央区佃1-9-6 参拝自由新富町駅 ~Y20月島駅Y21中央区佃1-3-1403-3531-34579:00~18:00 なし上/手前から時計回りに、創業時より人気のしらす720円(100g)、昆布510円(100g)、あさり720円(100g)。路地の途中に佇む、平らな石に線刻された地蔵尊。妙雲大和尚が描いた数ある石地蔵の一つで、この地に祀られて以来、佃島の人々の成長を見守り続けてきた。子育て地蔵として信仰を集めるほか、家内安全や長寿延命にもご利益があると言われ、地元の人に親しまれている。佃つくだ天てん台だい子こ育そだて地じ蔵ぞう尊そん左/御堂の入口。ご神木の銀杏は樹齢300年を超えるそう。右/全国的にも大変珍しい石地蔵。上野寛永寺にある地蔵尊がモデルといわれ、同様に左手に如意宝珠、右手に錫杖を持つ。左/地蔵尊を祀る御堂につながる路地の入口。御堂内には手水舎も置いてある。月島駅側新富町駅側1123424311

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です