MetroWalker 2015 Autumn
2/24

COVER国会議事堂(P.5参照)昭和11(1936)年の竣工以来、日本を支え続ける国会議事堂。天井までの高さが32.62mもある中央広間は、ステンドグラスなどの装飾が見事。撮影/津久井輝明[メトロウォーカー]秋号2015 Autumn Contentsこの冊子に掲載された情報は2015年7月取材時のものです。変更される場合もありますのであらかじめご了承ください。掲載されている施設・店舗の定休日、営業・開館時間などの情報は、この冊子が発行されている2015年9月中旬~2015年12月上旬のものです。それ以降の情報に関しては各施設・店舗にお問い合わせください。11秋散歩コラム①佃島の歴史と伝統を散策16あなたの朝食充実度Check!!17秋散歩コラム②魅惑の螺旋階段18メトロ雑学19大人の脳活鍛脳クイズかんたん手指体操20投稿 メトロ写真館24プレゼント21駅チカの名店22METROInformation本誌に掲載されている価格はすべて消費税率8%の税込価格です。その❷写真/文 原島広至「メトロ今昔探訪」シリーズ第二回は千せん駄だ木ぎ駅である。右の江戸時代の地図の中央にある千駄木御お林はやし❶とは、上野寛永寺に属していた林のこと。一説には、一日に千の薪たきぎや護ご摩まで焚たく木を供したため、千駄木の由来になったという。駄とは運搬用の馬一頭4東京メトロで巡る近代化遺産日本の中枢を支える建造物4日本産業の軌跡を追って812一日の始まりをスペシャルに健康は、おいしい朝食から!14千駄木の歴史をたどる歌川広重画・名所江戸百景『千駄木団子坂花屋敷』(安政3年)。団子坂上の高台に、紫泉亭と呼ばれる茶屋(❷)があり、名所だった(画中右上)。下方の桜は、小笠原家の屋敷の庭であろう(❸)。  日比谷線で炊きたてご飯の朝定食を堪能!  有楽町線で焼きたてパンが香る正統派のモーニングを2発見! メトロメトロ今昔探訪発見! メトロ1202❹❸❶❷❺本図は天保十四年(1843)版「御江戸大絵図」の復元図です 提供/こちずライブラリ国立国会図書館蔵

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です