MetroWalker 2015 Spring
18/24

七福神ことしもメトロ乗り継いで渡辺節男さん誘われて春のうららの隅田川横山祐三子さん何分咲き気になり今朝も飛鳥山朽名一夫さん桜舞う溜池の坂足早に山下亜美さん春景色谷中の猫が招いてる藤田鶴之丞さん春号のテーマ 東京のおでかけイラスト/平田利之毎回、読者のみなさんから募集した川柳を紹介。今回は「東京のおでかけ」をテーマにした川柳が数多く寄せられました。その応募作品の中から厳選した優秀作品5作を発表します!精選メトロ川柳三宅保州さん選者優秀句のように、メトロでの名所旧跡が詠み尽くされていました。東京の春のおでかけを満喫されてください。【優秀句の評】一句目~桜並木の隅田川の河畔を♪春のうららの~と口ずさみながらそぞろ歩きたい様子が巧みに詠まれています。二句目~東京メトロの沿線には数多くの七福神が祀られています。メトロを乗り継いでお詣りをすれば便利。きっとご利益も授かることでしょう。三句目~飛鳥山公園は歌川広重の「名所江戸百景」(P.7)にも登場する桜の名所ですが、その満開を待ちこがれる気持ちがあふれている佳句です。四句目~江戸末期の「溜池」も歌川広重の「名所江戸百景」に描かれています。対岸に日枝神社を望める溜池山王駅界隈を詠まれた情景が彷彿とさせられます。五句目~「谷中」は古くから寺町で猫の街としても有名ですが、そのことに着想された川柳眼に優れた句です。選評みやけほしゅう/和歌山県海南市在住、柳歴約30年。主な柳職、(社)全日本川柳協会常任幹事、川柳塔社理事、和歌山県川柳協会会長、和歌山三幸川柳会主幹、毎日新聞和歌山版川柳選者。『早分かり川柳作句Q&A』(新葉館出版)などの著書の執筆や、川柳カルチャー代表・講師として各地で川柳を教えるなど、川柳普及のための活動を行っている。プロフィール予告永らくのご投句、ご愛読ありがとうございました。精選メトロ川柳は今号をもって終了いたします。今回をもって当「精選メトロ川柳」欄は幕を閉じることになりました。ご投句やご愛読をいただいた皆さまには、東京メトロにゆかりの名所旧跡やグルメ等々を五・七・五の十七音字の川柳に乗せて、楽しく嗜まれたことと存じます。この経験とご愛読を通じて川柳というものにも親しまれましたか。川柳は暮らしや社会を詠むことを主として、老若男女、職業、体力、財力等に関係なく、どなたでも作ったり鑑賞したりすることが出来ます。これを機会に東京メトロと併せて、暮らしに潤いをもたらす川柳にも親しまれることをおすすめします。ありがとうございました。選者からのひと言お知らせ次号(夏号)より、写真をテーマにした新コーナーが始まります。ご期待ください。18

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です