MetroWalker 2015 Summer
18/24

これであなたもメトロ通。普段、何気なく使っている地下鉄。その裏側にはさまざまなものが潜んでいる。ここでは、そんなメトロの雑学を紹介。イラスト/平田利之メトロ雑学東京メトロの乗務員が教えるにつくられました。地上車庫に6本の電車が停められるのに対し、地下車庫は地上車庫を上回る13本もの電車を停めることができます。東京の地下に電車が13本も停まっているなんて、誰も思いもしないのではないでしょうか。銀座線の上野駅近くにある上野車両基地は、地上地下2層式の車両基地で、地上車庫と地下車庫が存在します。その地上車庫に地下鉄唯一の踏切があることは、有名な話になっているので、ご存じの方も多いでしょう。地下車庫は昭和43(1968)年上野の地下車庫には13本もの電車が留置!浅草車掌事務室 永谷卓士有楽町線の開業時から活躍している7000系という車両の正面、非常用扉の上には、真っ暗なままの小窓があります。ずっと使われていないこの小窓は、実はある役目を担う予定でした。それは、準急や快速など列車の種別を表示する「種別表示器」と呼ばれるものです。昔は行先を幕で表示していたため、種別の多い西武池袋線への直通運転を準備したものでした。しかし、LED式の登場により行先部分に種別も表示できるようになったため、結局使われることなくポツンと正面に佇んでいます。7000系を見かけましたら、正面を見てあげてください。有楽町線の「謎の小窓」新木場運転事務室 栗林 創東京メトロには、ホームに個性豊かなさまざまな壁画が描かれている駅があります。なかでも注目なのが、日比谷線秋葉原駅と銀座線末広町駅にある、昭和を感じさせる壁画です。2駅とも電気街に近いこともあり、洗濯機や掃除機、アイロン、パソコンなどの家電が描かれています。特に、ヘッドホンステレオやラジカセ、レオタードを着た女性など1980年代感漂う末広町駅の壁画は秀逸です。そのほか、勝かち鬨どき橋ばしが描かれた日比谷線築地駅のホームも必見。1番線ホームは橋が閉まっていて、2番線ホームは橋が開いています。ホームで待っている間に壁画を探してみるのもオススメですよ。昭和の雰囲気漂う壁画に注目中目黒運転事務室 斎藤 学東京メトロの駅名に動物の名前が付いているのを知っていますか? トラやシシ、タカにヒヒといろいろな動物があります。動物だけではありません、地下なのにオカ、カワ、ニワ、イケもあります。これは、駅名略号と言って銀座線・日比谷線の上野駅なら「ウエ」というように東京メトロの全駅に決められている略号なのです。「トラ」は銀座線虎ノ門駅、「シシ」は南北線志茂駅、「タカ」は東西線高田馬場駅、「ヒヒ」は日比谷線・千代田線日比谷駅、「オカ」は南北線王子神谷駅、「カワ」は有楽町線・副都心線千川駅です。このように全部の駅に略号がありますので、どの駅がどんな略号なのかを考えるのも楽しいですよ。メトロに動物がいる!?東陽町運転事務室 伊豫田公洋1818

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です