MetroWalker 2015-2016 Winter
22/24

Information初心者でも簡単!PASMO(パスモ)利用法今回は、電車などの利用をスムーズにできる便利なICカード乗車券「PASMO」の疑問にお答え。これを読んでメトロでのお出かけを楽しもう!PASMO(パスモ)は、首都圏のほとんどの電車とバスが1枚で利用できる便利なICカード乗車券です。読み取り部にタッチするだけで改札を通れるので、東京メトロの各線をスムーズに利用できるのはもちろん、他社線との乗り換えもラクにできます。のりこしも改札機で自動精算できますので、行き先までの運賃を調べたりする手間も省けます。PASMOは1度購入すれば、後はチャージすることで何度でも繰りかえし使うことができます。さらに、駅売店やコンビニ、自動販売機などの電子マネー加盟店では電子マネーとしてお買い物のお支払いにもご利用いただけます。きっぷやお財布代わりにいつでも使えて、暮らしをもっと便利にするICカードです。PASMOってなに?PASMOを購入するには?PASMOには、無記名PASMO、記名PASMO、小児用があり、駅事務室、定期券うりば、ピンクの券売機、青い券売機で購入することができます(発売箇所は下記の表をご参照ください)。そのほかPASMO定期券やクレジットカード機能とオートチャージ機能付の一体型PASMOもありますので、ご利用方法に合わせてお選びください。PASMOの購入金額にはデポジット(預かり金)500円が含まれています。デポジットは、PASMOが不要になったとき、カードと引き換えに返金されます。無記名PASMOは紛失時に再発行できませんが、そのほかのPASMOは再発行可能です。無記名PASMOから記名PASMOへはピンクの券売機等で変更可能です。①電車もバスもタッチするだけ②のりこしも改札機で自動精算③電子マネーでお買い物PASMOの特徴駅事務室駅事務室定期券うりば定期券うりば駅事務室定期券うりばピンクの券売機ピンクの券売機青い券売機無記名PASMO種類発売箇所特徴●PASMOの種類と発売箇所記名PASMO小児用駅に設置されているピンクの券売機では無記名PASMOから記名PASMOへ変更可能。どなたでも利用できるPASMOです。紛失しても再発行はできません。記名の本人のみが利用できるPASMOです。紛失時には再発行できます。※ご購入の際はお子様の年齢が確認できる公的証明書等が必要です。記名の本人が小児運賃で利用できるPASMOです。紛失時には再発行できます。今回のテーマ22

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です