MetroWalker 2015-2016 Winter
3/24

www.tokyometro.jp神社があり、門前の市が「べったら市」となった。小伝馬町には江戸府内用の伝馬役所があった。馬といえば、隣の馬ばくろ喰町ちょうは馬ばく喰ろう(馬の売買の仲介人)が多数住んでいた❷。大・小伝馬町界隈は、文化の発信地であり、絵え双ぞう紙し屋やが多数並んだ。また物流の中心地として、繊維関連等の問屋が集中した。広重の名所江戸百景にも、呉服問屋の大丸屋❹や木綿問屋が描かれている。江戸時代、小伝馬町には国内最大規模の拘置所・伝てん馬ま町ちょう牢ろう屋や敷しき❺があった。平賀源内、吉田松陰、高野長英、渡辺崋山、橋本左内、また、鼠小僧次郎吉もここに収容された。牢屋敷は明治8年に、市ヶ谷監獄に役目を譲って廃止となる。処刑場跡で住み手がなく荒れ地だったが、刑死者の慰霊のため、跡地の南の部分に、明治15年に大だい安あん楽らく寺じが、翌16年には身み延のぶ別べつ院いんが創建された。牢屋敷跡の北東部は、十じっし思公こう園えんとなった。園内には、江戸の町に時刻を知らせた石こく町ちょう 時ときの鐘かねが石町(現、日本橋室町)から移設されている。大晦日のみ、除夜の鐘として、歴史あるこの鐘を撞つくことができる。はらしまひろし/歴史・サイエンスライター。日本3D プリンター㈱顧問。古地図・戦前絵葉書蒐集家。NHKの「ブラタモリ」に2回出演し、絵葉書のコレクションを披露する。著書に「東京今昔散歩」(文庫版・ワイド版)「横浜今昔散歩」「百人一首今昔散歩」他(KADOKAWA)や、「骨単」「肉単」(エヌ・ティー・エス)がある。プロフィール右/歌川広重画・名所江戸百景「大伝馬町こふく店」(安政5年)。丸に大の暖簾が、この界隈を代表する呉服店大丸屋。現、大丸の前身。中央/伝馬制度の業務を引き継いだ内國通運会社(日本通運の前身)。左/オフィス街となった現在の姿。左/十思公園の「吉田松陰終焉之地」碑。多くの志士を育てた吉田松陰は、安政の大獄に連座し、処刑された(享年30歳)。斬首役は山田浅右衛門。左の碑は、「身はたとひ武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」という辞世の句碑。代々木上原駅日本民藝館 P.4銀座駅甘味おかめ 有楽町店 P.7入谷駅子規庵 P.9千駄木駅亀の子束子 谷中店 P.7朝倉彫塑館 P.9豆腐room Dy’s P.15日本橋駅凧の博物館 P.6落合駅林芙美子記念館 P.10新橋駅銀座たくみ P.5根津駅ゆう café P.10後楽園駅旧伊勢屋質店 P.10浅草駅ギャラリー&カフェ シノワズリP.7高田馬場駅花想容 P.10表参道駅南青山 まめ P.15麻布十番駅eat more greens P.12溜池山王駅春秋 溜池山王店 P.13大手町駅叶 匠壽庵新丸の内ビル店 P.14飯田橋駅納豆食堂/納豆倶楽部 P.13赤坂駅雪華堂 赤坂本店 P.15四ツ谷駅おでんやden P.13本郷三丁目駅味噌煮込罠 P.21江戸川橋駅釜あげうどんはつとみ P.2103「東都名勝図絵」(大正9)より国立国会図書館所蔵

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です