MetroWalker 2016 Spring
8/24

撮影/阿部 浩、池田真理 長い戦乱が終わり泰平の世となった江戸時代。武士の暮らしはこれまでとは変わっていった。今回は東京にある、武士の変遷の様子がうかがい知れる場所を紹介。 合戦が無くなり発展したのが、個人戦を前提とした剣術。技術はもちろん精神の鍛錬も重要とされた。三越前の「吹毛会 本部道場」では、江戸初期にできた剣術の流派・無外流の体験ができ、さらに東銀座の「日本刀名品専門店 銀座長州屋」では当時の名刀に触れることができる。また、かつて武士が集い学問を学んだ「昌平坂学問所(現在の湯島聖堂)」や、江戸の三大道楽のひとつ釣りを牽引した和竿の老舗などでは、泰平な時代ゆえの武士の嗜みが垣間見られる。 当時の武士に思いを馳せ、街を巡れば、新たな発見が生まれるはず。泰平の時代に生きた武士の暮らしを垣間見る東京で巡る江戸の嗜み2武士の心得を学ぶ中央区日本橋本町1-3-2 本町ビル5F03-3272-3720稽古時間によって変動なし江戸初期、剣客・辻つじ月げっ丹たんにより開かれた剣術の流派・無む外がい流りゅうの道場。突きと逆袈け裟さ斬ぎりを主体に、徹底して華美を省いた無外流。ほぼ毎日、道場では居合の稽古が行われ、いつでも見学体験が可能。挨拶から始まり、刀(模造刀)の持ち方や振り方など、丁寧に指導してくれるので未経験者でも安心。吹すい毛もう会かい 本ほん部ぶ道どう場じょう三越前駅 A1出口徒歩約3分G12Z09朝から晩まで稽古が行われており、技術はもとより精神も磨くことができる。☆東関部屋☆鈴本演芸場☆蛇骨湯☆二葉苑☆外濠公園☆吹毛会業平一錦糸町横川小B2出口線門蔵半 上押京東都営浅草線所本駅橋妻吾東武スカイツリーライン線手山RJ横メア都営大江戸線末広町上野不忍通り春日通り上野広小路駅A3出口り通央中線座銀不忍池上野御徒町駅駅町徒御松坂屋アブアブつくばエクスプレス線浅草駅寿4雷門一雷門通り浅草通り銀座線田原町駅ROX3出口町荷稲草浅り通際国4出口中井駅西武新宿線線戸江大営都り通手山落合駅場馬田高野中早稲田通り東西線中井駅A1出口・線本央中RJ線本武総市ケ谷駅飯田橋駅谷ケ市線北南線町楽有麴町谷ツ四市ケ谷駅都営新宿線靖国通り三越前駅日本橋三井タワー日本銀行本店三越A1出口神田COREDO室町線座銀町手大り通央中高都首日本橋半蔵門線三越前駅ぎゃく0808

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です