MetroWalker 2017 Summer 夏号
6/24

お点前や作法に日本人の美意識が凝縮されている茶道。茶道具専門店の万楽堂では、表千家と裏千家で扱う道具を中心に、茶碗から床の軸まで幅広く揃う。平安時代から日本人が愛用している桜柄をあしらった茶碗(3,400円・左写真)をはじめ、夏は夕顔柄など多彩な絵柄が楽しめる。万まん楽らく堂どう東急田園都市線鷺沼駅 正面口徒歩約1分☆江戸切子の店 華硝 日本橋店☆おりがみ会館☆むす美☆花ごよみ 銀座楼☆櫓庵治 東京銀座店☆飴細工アメシン ソラマチ店☆東京松屋インテリア和紙ショールーム☆赤坂氷川神社☆ホテルオークラ東京☆日枝神社☆小石川テラス☆MICSSADECO&CAFÉ神宮前☆万楽堂☆琴平神社YUITOCOREDO室町原葉秋町形人町手大水天宮前日本橋高都首JR新日本橋駅三越前駅小伝馬町駅都営浅草線半蔵門線A10出口3出口神田線座銀り通央中線谷比日湯島聖堂前目丁三郷本線田代千丸ノ内線東京医科歯科大学病院御茶ノ水駅JR中央本線・総武本線本郷通り蔵前橋通り淡路町湯島聖堂外堀通り神田明神1出口神宮前一渋谷北参道道参表線手山RJ駅宿原千代田線明治神宮前〈原宿〉駅口出5線心都副り通治明竹下通り谷比日関ケ霞橋京新橋東銀座有楽町マリオン銀座線中央通り外堀通り線谷比日り通海晴銀座三越三愛丸ノ内線光和銀座駅東京B3出口橋京町富新谷比日関ケ霞東銀座A13出口5出口銀座線中央通り線町楽有線谷比日り通海晴銀座三越松屋サルメ三愛線内ノ丸駅座銀銀座駅光和東京銀座一丁目駅チマラソ京東錦糸町浅草通り線門蔵半 上押京東都営浅草線稲荷町浅草通り銀座線駅町荷稲り通橋洲清野上3出口町原田国会議事堂前7出口赤坂通り千代田線赤坂サカス赤坂駅氷川公園坂川氷TBS鹿島建設アメリカ大使館宿舎坂木乃神谷町駅城山トラストタワー4b出口線谷比日り通田桜霞ケ関虎ノ門タワーズ六本木千代田線銀座線外堀通り線内ノ丸国会議事堂前駅附見坂赤坂赤口出5溜池山王駅虎ノ門六本木一丁目永田町関ケ霞線北南国会議事堂橋川戸江西目白通り口出4首都高有楽町線印刷博物館駅橋川戸江寺国護橋田飯橋ノ中キデイランド線手山RJ原宿駅渋谷千代田線明前宮神治駅〉宿原〈代園公木々ラフォーレ原宿口出7道参北道参表線心都副り通治明鷺沼交番前鷺沼駅前フレルさぎ沼 宮前平駅沼鷺線市都園田急東正面口13あざみ野ふるさと公園たまプラーザ駅高都首沼鷺園田急東線市都北口下平琴神奈川県川崎市宮前区小台1-19-5044-871-231110:00~18:00㊐薄茶を入れる棗なつめや茶をすくう茶ちゃ杓しゃくなどがずらりと並ぶ。リーズナブルな道具もあるので、初心者でも気軽に購入しやすい。神奈川県川崎市にある茶道の道具専門店や地元に根付く天狗ゆかりの神社“こんぴらさん”で日本人が古来より親しんできた伝統文様に触れる。半蔵門線から直通の東急田園都市線沿いで歴史ある文様を見つける安政5(1858)年創業の染紙・千代紙製造の老舗「ゆしまの小林」が運営するおりがみ会館。花鳥風月や歌舞伎にちなんだものなど、江戸で流行した文様を粋にデザインした江戸千代紙を、豊富に取り扱う。創業から変わらず染め師の職人たちによって手染めで仕上げている。御茶ノ水駅 1出口徒歩約5分お茶ちゃの水みずおりがみ会かい館かんM20文京区湯島1-7-1403-3811-40259:30~18:00㊐㊗☆おりがみ会館湯島聖堂前本郷三丁目千代田線丸ノ内線東京医科歯科大学病院御茶ノ水駅御茶ノ水駅JR中央本線・総武本線本郷通り蔵前橋通り淡路町湯島聖堂外堀通り神田明神1出口たまプラーザ駅押上〈スカイツリー前〉駅渋谷駅鷺沼駅ICカード237円きっぷ240円ICカード247円きっぷ250円ICカード124円きっぷ130円東急田園都市線東急田園都市線乗り換えなし 約66分半蔵門線見学可能な4階の工房。職人が慣れた手つきで一枚一枚刷毛を使って紙を染め上げていく。染めた後は天井に張られた縄に紙をかけて乾燥。(作業の内容によっては見学出来ない日もあり)上・左/3階では江戸千代紙のほか、艶やかな友禅紙や柔らかなもみ紙、折り紙など約2,000点に及ぶ商品を販売。館長による、折り紙のデモンストレーションも開催される(不定期)。写真左は金観世折り紙15枚入り540円~。金色で観世水文様を描いている。写真右は麻の葉文様の折り紙。江戸で流行った文様10種が入った江戸ごのみ540円の中に入っている(文様の種類はセットごとに異なる)。観世水【かんぜみず】麻の葉【あさのは】美しいこの水文様は、能楽の観世流の家元が使用した定紋が由来。江戸時代には、人気歌舞伎俳優の澤村源之助が、舞台でこの文様の衣装を着たことで、人気に拍車がかかった。平安時代の仏像の装飾などにも使われていたもので、その名の通り"麻"の葉っぱをモチーフにした文様。麻は丈夫ですくすく育つことから子どもの産着に用いられる風習があった。06

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る