開通当時の出口デザインが復活!田原町駅のリニューアルコンセプト「道具の街」とは

2015年10月からはじまった銀座線リニューアルにともない、銀座線田原町駅も改装がはじまっています。駅リニューアル完了予定は2018年6月。待ちきれない方のために、田原町駅の未来の姿をこちらでご紹介! いったい、どのように変わるのでしょうか。

地上出入り口は設立当時のデザインを再現!

まず見ていただきたいのは、新しくデザインされた田原町駅の出入り口。下の写真と比較してみてください。

提供:土木学会附属土木図書館

これ、なんと田原町駅開通当時の写真。見た目はほとんど一緒です。それもそのはず、今回のデザインは開通当時の出入り口のデザインを踏襲したもの。

もちろん見た目を再現するだけではなく、大規模浸水対策(3.3m)を行うため、防水扉を備えています。

リニューアルコンセプト「道具の街」のもとに生まれ変わる田原町駅

田原町駅といえば、かっぱ橋道具街の最寄り駅です。それを受けてリニューアルのコンセプトを「道具の街」としています。

道具街、また下町としての「手仕事感」をあわせ持つ印象を与えるため、クールな金属に織物のようなデザインを施し、手仕事感のある表情を持たせます。壁面上部には、現存する芸能紋(歌舞伎役者などの家紋)と役者名の入ったプレートを、ガラスショーケースに収める予定です。

開通当時の芸能紋

そして、ホーム床面には、大小ランダムサイズのタイルを使用、デザイン性を高めるとともに、メンテナンス性や防汚性に優れた素材を使用することで、機能面のリニューアルも行います。

改札口は光天井とともにやわらかい色味の金属とガラスにより、下町らしさと田原町らしさを合わせて表現しました。

ベンチとトイレ設備も増設!

トイレにはベビーシートを新設し、女性トイレにパウダーコーナーを設置します。合わせて全室の便器を洋式化します。また、ホームのベンチも増設、快適性の向上をはかります。

デザインだけではなく、利便性も向上する田原町駅の誕生をお待ち下さい。

田原町駅:2017年12月リニューアル完了(一部除く)

※出入口上家改良は2018年6月までに行います。

2018年1月25日時点

関連記事:【ひと駅車両対談】食品サンプルのパイオニアに学ぶ「日本独自のものづくり」株式会社岩崎 社長岩崎毅×東京メトロ 高見沢仁志

タグ

RANKING