なぜ人気?上野動物園「動かない鳥」ハシビロコウの魅力

「動物園って子供向けでしょ?」と思っているあなた。いま動物園は、むしろ大人だからこそ楽しめる場所になっているのです。パンダやキリンなどのメジャーな動物だけじゃなく、誰かに言いたくなるカワイイ動物や不思議動物がいっぱい。今回、 "動物園巡り人"市嶋泰樹が、「動かない鳥、ハシビロコウ」の魅力をお伝えします。

上野動物園の隠れた人気者は「動かない鳥」!?

上野動物園の人気動物と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? 普段あまり動物園に行かない人であれば「パンダとか、ゾウとか、ライオン?」といった感じかもしれません。そういう人にはあまりなじみのない「ある変わった動物」が、実は上野動物園の隠れた人気動物だったりします。

その名も「ハシビロコウ」という大きな鳥。じっとして動かない時間が多いため、「動かない鳥」としても知られています。もし上野動物園で人気の動物ベスト5を選んだとしたら、この「ハシビロコウ」も選ばれそうなぐらい、大人にも子供にも大人気の鳥です。

▲その名も「ハシビロコウ」。「動かない鳥」として有名。

▲見やすい位置に来ると人だかりができます。大人にも子供にも大人気。

まず、顔がとても「こわもて」です。眼光鋭くにらみつけるような目とその顔つきは、なかなか威圧的です。

▲にらんだように見える目が結構怖い。

普段どういう心境で過ごしているのかはわかりませんが、普通の顔をしているだけでもなかなかインパクトがあります。

▲普段の顔が怖い

大きさは、体長約1.2メートルあります。非常に大型の鳥です。人間の大人と比べると、だいたい腰から胸あたりまでの高さになるでしょうか。小さな子供ぐらいの背の高さです。翼は広げると2メートルを優に超えます。

▲ハシビロコウの実物大写真と筆者。かなり大形の鳥です。

ハシビロコウは英語で「Shoebill Stork」と言いますが、その名前は「靴のような大きなクチバシ」に由来しています。身長が高く、顔も大きくて、そして眼光も鋭ければ、なかなか迫力満点です。

▲正面で向き合うと、「ごめんなさい」と謝りたくなります。

→レッツエンジョイ東京の記事では、ハシビロコウの魅力をさらに深掘り! 詳しくはこちら

from レッツエンジョイ東京

タグ

RANKING