駅構内のベビーカー移動がラクになっているって本当?子どもを乗せて上野駅を利用してみた【銀座線探偵団】

ぽかぽか陽気に誘われて、子どもと一緒にお出かけしたくなる季節がやってきました! 子どもが小さいうちはベビーカーに乗せて、電車で移動するという方も多いかもしれません。そこで気になるのが、駅でのバリアフリー対応。地上から改札、そしてホームまで、エレベーターがない場合、目的地にたどり着くのもひと苦労! せっかくの思い出が台無しになってしまうことも......。そんな問題を解消すべく、銀座線ではエレベーターによる1ルート整備(駅の入口からホームまで、段差がない移動ルートを最低1つ確保すること)を全駅で進めています。本当にベビーカーでスムーズに移動できるのか、ライターの佐々木が実際に子連れで上野駅の1ルートをたどってみました。

子連れの家族がベビーカーで移動せざるを得ない理由

車を持っていないこともあり、普段から公共交通機関を利用することが多いわが家。さらに息子は電車が大好き! なので、週末はかならずと言っていいほど電車に乗って出かけています。

息子はベビーカーに乗せて行くことがほとんどなのですが、行き先が決まったら目的地の最寄り駅にエレベーターがあるかを必ずチェック。なぜなら、オムツや着替え、飲み物にぐずり対策用のオモチャなど、荷物だけでも結構な量。それに息子+ベビーカーとなると、とてもじゃないけど階段での移動はムリなのです。

子どもが生まれる前は、「ベビーカーじゃなくて抱っこ紐を使えばいいし」と安易に考えていたのですが、どんなに減らしても荷物はある程度の重さになってしまうし、10キロ以上になった子どもを1日中抱っこしていると体へのダメージは相当なもの。やはりベビーカーでの移動が一番負担を軽減できるので、バリアフリー化は本当にありがたい!

現在、銀座線は19駅中12駅でエレベーターによる1ルート整備を完了。2019年度中には銀座線全駅整備を目指しているそうなので、お出かけ選びの候補にしやすいかも。

ちなみに東京メトロの駅なら、『ベビーメトロ』というWebサービスが便利! 各駅のエレベーターの有無や位置を簡単に調べられますよ。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

最近は息子が大きくなって近所の公園では飽き足らないこともあり、電車があまり混まない時間帯を狙って、いつもと違ったスポットに行くよう工夫しています。今回は、銀座線・上野駅の「上野恩賜公園」へ。

上野動物園に寄ってパンダを見ようと思ったらなんと休園日(月曜日はお休みなので要注意)でしたが、噴水に見とれたりハトを追いかけたり外でお弁当を食べたり、大満足の様子。その後、上野駅近くのデパートでお買い物を済ませ、いざ帰宅の途へ。行きは別ルートだったので、帰りにエレベーターによる1ルートで駅のホームを目指します。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

デパートを出てすぐ目の前が銀座線のエレベーター。これは近くて便利!

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

方向音痴な私でも迷いようがありません。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

早速、エレベーターに乗って、地下の改札へ向かいます。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

エレベーターの中で何やら見慣れないボックスを発見。じつはこれ、災害発生時用の非常用品で、東京メトロが管理するすべてのエレベーターに設置されているのだとか。中には、万が一エレベーターが停止した際に救助が来るまでに必要な「簡易トイレ」や体温を保護する「レスキューシート」などの備品が入っているそう。小さな子どもと一緒のときは万一の場合を考えておかなければならないので、これは心強い!

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

エレベーターを降りると、ベビーカー移動もしやすい広々とした空間が広がっています。明るくて清潔感があるのもいいですね〜。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

そこから「銀座線ホームゆき」の「エレベーターマーク」がある案内標識に従って進んでいきます。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

上野駅は2018年度にリニューアルを行っていることもあって、ここまでの移動も段差がなくスムーズ。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

案内板を頼りにテクテク進んでいくと、まずは第一関門の改札に到着。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

ベビーカーや車椅子の他、大きな荷物があるときにも通りやすい、幅広な改札を選んで通り抜けます。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

幅広改札なら余裕もあるのでラクラク。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

改札を入ったら、今度はホームへ降りるエレベーターへ。案内板が大きいのでわかりやすい! 迷うことなく乗り込みます。

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

エレベーターを降りて進んでいくと...

ベビーカーでもスムーズに移動できる上野駅

無事にホームまで到着〜! 地上からここまでベビーカーでもストレスなく、本当にスムーズに移動できました。ホームドアも整備されていて安心ですね。

ホームに来るまでの途中、観光地が多い上野なだけあって、大きな荷物を持った外国人の方がたくさんいるのに驚きましたが、エレベーターや改札で譲り合えばとくに困ることはありませんでした。

2019年度までに1ルート整備100%を目指す!

今回利用した銀座線では、2019年度中にすべての駅でエレベーターによる1ルート整備が完了する予定で、東京メトロの全179駅では2020年度までに99%整備される見込みだそうです。

そのほかにも、東京メトロ内の他線との乗り換えが発生する駅(日本橋駅や飯田橋駅など)や、他社線との乗り換えが必要な駅(九段下駅など)でも、これまで階段でしか行けなかったルートにエレベーターで行けるよう整備が予定されています。

さらに駅の利便性を考慮し、同じ駅で複数ルート目としてエレベーターの設置個所を増やす整備も外苑前駅や築地駅などで進行中。エレベーターが1つあるだけでもありがたいですが、複数あればより近いところから移動ができたり、利用者にとってうれしいメリットがたくさん。

そうそう、東京メトロの担当者さんにお聞きしたところ、たとえまだエレベーターが設置されていないところでも、ベビーカーで困ったときは駅員さんに遠慮なく助けを求めてください! とのこと。状況に応じてベビーカーを代わりに運んだり、移動が楽なルートを教えてくれたりするようです。当事者になって初めてわかりましたが、ベビーカーでのお出かけはとても不安で神経を使うので、こうしたサポートを受けられるのは心強いですね。

ますます便利になる銀座線や東京メトロに期待しつつ、マナーをしっかり守って今春のお出かけも目一杯楽しみたいですね。

▼1ルート整備に対応している東京メトロの地下鉄の一覧はこちら
エレベーターによる1ルートに対応している駅

佐々木彩子

書いたひと:佐々木彩子

フリーランスの編集ライター。女性向けウェブメディア「MYLOHAS(マイロハス)」の編集長、ママ向けサイト「ウーマンエキサイト」のデスクを経て、独立。子育てや食、ヘルスケアといった女性のライフスタイルにまつわる記事を手がけている。週末は鉄道好きな息子といっしょに電車に乗ってお出かけするのがお約束。

タグ

RANKING