【銀座】断面が美しすぎると話題!京都の老舗銘茶店による抹茶パフェは、抹茶好きなら必ず食べたい贅沢な味だった

京都・宇治に本店を構える老舗銘茶店「中村藤吉本店」。その関東第1号店として2017年4月に誕生した銀座店は、オープンから2年ほどたった今でも、連日にぎわいをみせています。趣ある和カフェで味わえるのは、高品質な抹茶を使ったデザートの数々。東京のオトナ女子たちを虜にする、見た目も味も芸術的な抹茶パフェをお供に、一人贅沢な時間を過ごしてみてはいかが?

老舗のこだわりを感じる!宇治発・日本茶専門店の抹茶スイーツ/中村藤吉本店 銀座店

老舗のこだわりを感じる!宇治発・日本茶専門店の抹茶スイーツ/中村藤吉本店 銀座店

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは「中村藤吉本店 銀座店」。安政元年(1854年)創業、京都・宇治に本店を構える日本茶専門店「中村藤吉本店」が手がけるカフェ併設店舗です。2017年4月、「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の開業にあわせ、関東第1号店として同施設4階にオープンしました。

老舗のこだわりを感じる!宇治発・日本茶専門店の抹茶スイーツ/中村藤吉本店 銀座店

お店の象徴でもある暖簾をくぐると、趣のある大人の空間が広がります。中央にはコの字型のカウンター席があり、一人でもまわりを気にせず、ゆっくり過ごすことができますね。

老舗のこだわりを感じる!宇治発・日本茶専門店の抹茶スイーツ/中村藤吉本店 銀座店

シックな黒壁をアクセントに、温かみのある木のテーブルやイスを配した店内は、和モダンな印象。多くの人でにぎわう銀座のど真ん中とは思えない、ゆったりとした時間が流れています。

老舗のこだわりを感じる!宇治発・日本茶専門店の抹茶スイーツ/中村藤吉本店 銀座店

席に着くと、ウェルカムティーとして季節ごとのお茶がサーブされます。選び抜かれた茶葉を使った極上の一杯をいただけば、心身ともにリラックスできるはず。

抹茶好き必食のメニューが充実!

抹茶好き必食のメニューが充実!

中村藤吉本店のスイーツメニューで人気なのが、3種類のパフェ。

最高品質の抹茶を使用したという銀座店限定の「別製まるとパフェ」(2,200円)をはじめ、抹茶の美味しさを何層にも重ねた「まるとパフェ/抹茶」(1,400円)、豊かなほうじ茶の香りが楽しめる「まるとパフェ/ほうじ茶」(1,400円)がラインナップされています。どれもこだわりの素材を使った至極の一品です。

ちなみになぜ「まると」なのかというと...なんでも創業当時は「丸屋藤吉(まるやとうきち)」と名乗っていた時期があり、その「丸屋藤吉」をもじって「まると」という屋号が誕生したのだそう。その屋号がパフェの名前にもなっているわけですね。

抹茶好き必食のメニューが充実!

パフェ以外にも「生茶ゼリイ」2種類(各1,350円)や「抹茶あんみつ」(1,400円)といった、抹茶好きにはたまらないメニューが充実。お茶の専門店ならではの魅力的なスイーツばかりで、どれにしようか迷っちゃいますね!

見た目も芸術的な「抹茶パフェ」に陶酔

抹茶好き必食のメニューが充実!

今回ご紹介したいのは、人気の「まるとパフェ/抹茶」(1,400円)。

抹茶ソフトやゼリイ、白玉、小豆などを幾層にも重ねた贅沢な一品です。

見た目も芸術的な「抹茶パフェ」に陶酔

横からのアングルで図解してみました。その美しさに思わずため息が漏れてしまいます...。

一口食べると、抹茶の豊かな香りと濃厚な味わいが広がります。抹茶のほろ苦さと小豆の甘さのバランスも絶妙で、この時点で「間違いない!」と確信。

食べ進めていくと、食感のよいあられや、和パフェと相性抜群の栗の甘露煮が現れます。さらに、さっぱりとした印象を与えてくれる抹茶ゼリイ、酸味がアクセントになるフランボワーズなども楽しめ、味わいに変化が出てきます。こうしたさまざまな層の重なりが、主役である「抹茶」を一層引き立ててくれます。

抹茶本来の上品な美味しさを存分に感じられる贅沢パフェは、グルメなオトナ女子も満足すること間違いなしです。

→つるんとした喉ごしがクセになる「生茶ゼリイ」もオススメ! この記事の続きはレッツエンジョイ東京の記事で読むことができます。

※2019年2月19日現在の情報です。価格やメニューなど、内容は変更になる場合があります。
※価格はすべて税込みです。

中村藤吉本店 銀座店
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F
電話番号:03-6264-5168
営業時間:銘茶売場10:30~20:30  カフェ10:30~20:30(L.O.19:45)
定休日:不定休
最寄り駅:銀座

from レッツエンジョイ東京

タグ

RANKING