【渋谷】本格ビストロで540円のあんバターサンド!わざわざ行きたい朝ごはん

渋谷駅から徒歩8分の場所にある「Bistro Rojiura」。夜はフォアグラのテリーヌや魚介の炭火焼などが食べられる人気のビストロですが、モーニングのみで食べられるメニューがSNSで「超絶美味すぎてやばい」「心から薦めたい朝食」と話題に。今回は、そんなモーニングの看板メニュー「あんバターリコッタチーズサンド」をはじめ、この時期にオススメのメニューを伺いました。

本格ビストロであんバターサンド!?贅沢すぎるおめざを堪能/Bistro Rojiura

東京メトロ渋谷駅から徒歩8分。渋谷のオルガン坂と井の頭通りの交差点近くに「Bistro Rojiura」はあります。店名の通りメインストリートの一本裏手の路地裏に位置するので、うっかり通り過ぎてしまいそうな、知る人ぞ知る人気店です。

お店の目印は「Yes,We are OPEN」の看板です。置いてあるだけでおしゃれ。

レコードやアンティークが飾られ、木を基調とした家具が配置されたおしゃれな店内には、中央に開放的なオープンキッチンが。一人客にうれしいカウンター席は、調理中の音や香りをダイレクトに感じられる特等席です。

シェフを務めるのは、フレンチレストラン「ミッシェル・トロワグロ」で修行を積んだ西 恭平さん。本格的な味を楽しめるビストロのモーニングから、今回は3つのメニューをご紹介します。

まずは、おめざにピッタリな「あんバターリコッタチーズサンド」(583円)。自家製コッペパンにお店で炊いた小倉あん、リコッタチーズ、バターをサンドした同店の看板メニューで、ランチ時には完売してしまうほどの人気ぶり。

このメニューは「あんバターにリコッタチーズを合わせたら美味しいんじゃないか」というオーナーの自由な発想から生まれたのだとか。実際にSNSでも「スイーツ好きの誰もが、この魅力には抗えない。」と話題になるほど。

気になるお味は、無塩バターに振りかけられた岩塩が、あんこの上品な甘さを引き立てる、絶妙な"甘じょっぱ系"。自家製リコッタチーズのさりげない酸味もアクセントに。重厚感のある見た目に反し、朝からでもペロリと食べられます。

コッペパンというと大きなものを想像しがちですが、こちらは上品な手のひらサイズ。それでいてお腹にはしっかりたまる満足度も、嬉しいポイントですね。

一緒にいただきたいのは、目黒にある「SWITCH COFFEE TOKYO」の豆を使ったコーヒー(486円)。ドリンクは「カモミールティー」(540円)や「自家製ジンジャーエール」(756円)、「ハイネケン」(756円)やワインなどのアルコールもあります。

また、使用している器は、ガラス作家・山野アンダーソン陽子さんの作品を中心に、ブルックリンのNoble plateware、パリのMalo Ceramicsなど、国内外からセレクトしたこだわりのものばかり。ドリンクを飲むときの口当たりの良さも確かめてみて。

こだわりのオープンサンドは見た目も華やか!

この夏オススメのメニューは「ノルウェーサーモンとアボカド、フロマージュブランのオープンサンド」(1,512円)。自家製のパン・ド・カンパーニュに具がたっぷりのった、見た目にも華やかな一品。マリネしたサーモンの酸味に、アボカドのまろやかさ、ハーブの爽やかな風味と、一口ごとに違った味わいが口のなかに広がります。

朝からしっかり食べたい派の人は、この「オープンサンド」と「あんバターサンド」をオーダーするんだとか。

メニューは他にも、「自家製グラノーラ」(756円)や「フレンチトースト」(1,404円)、「野菜とレンズ豆のカレー」(1,296円)などがあり、どれも魅力的。

→さっぱりとした爽やかな味わいがくせになりそう! 同店ディナーのデザートに提供される自家製アイスの魅力はレッツエンジョイ東京の記事で読むことができます。

Bistro Rojiura
住所: 東京都渋谷区宇田川町11-2 宇田川柳光ビル1F
電話番号:03-6416-3083
営業時間:火~土、第1第3日曜 8:00~14:00(L.O.13:00)、18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:月曜、第2第4日曜
最寄駅:渋谷

取材・文/皆川 夕美

※2019年6月1日時点の情報です。料金・メニューなど、情報は変更になる場合があります。
※料金はすべて税込です。

from レッツエンジョイ東京

タグ

RANKING