東京をもっと移動しやすく、
もっと「わたしだけ!」の東京へ

大都市型MaaS
「my! 東京MaaS」始動!

東京メトロは、鉄道、シェアサイクル、タクシー、コミュニティバス、航空等の多様なモビリティやサービスと連携し、東京における大都市型MaaS (Mobility as a Service) の取組み「my! 東京MaaS」を開始しました。

「my! 東京MaaS」のキーワードは、「パーソナライズド」、「リアルタイム」、「更なるネットワークの連続性の追求」の3点です。

モビリティの枠組みを超えた多様なパートナーとの連携を通じ、大都市東京に集う一人ひとりにとっての「移動のしやすさ」や「わたし好みの東京」の実現を目指して、様々な取組みを実施していきます。

大都市型MaaS
「my! 東京MaaS」のコンセプト

東京メトロは、首都圏の中心にある地下鉄ネットワークを、これからもいっそう磨き込むとともに、大都市型MaaS「my! 東京MaaS」により、多様なモビリティやサービスとの連携を通じて「更なるネットワークの連続性」を追求し、「パーソナライズされた移動経路・付帯サービス」や、「リアルタイムな運行情報」を新たに提供することで、お客様一人ひとりのニーズに応え、これまで以上に移動を快適に楽しく、さらには移動需要の創出を目指します。

これらの取組みにより、多種多様な価値観と文化があふれる東京に集う一人ひとりの移動・ビジネス・生活を支え、都市の活力を高めるとともに、SDGsの達成 (持続可能な社会の実現) につなげていきます。

東京メトロが考える「大都市型MaaS」

東京メトロアプリがリニューアル

2020年8月に東京メトロアプリがリニューアルし、鉄道に加え、シェアサイクルやタクシー、コミュニティバスを含む経路検索ができるようになりました。

2020年度下期以降には、「移動のしやすさの追求 (エレベータールート検索) 」「健康応援」「ビジネス加速」「東京を楽しむ」等の取組みを推進し、東京の移動に新たな価値を共創していきます。