ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
サイト内検索

閉じる

東京メトロ日比谷線・東武スカイツリーライン新型車両の形式と基本仕様が決定

2015年6月17日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区、社長:奥 義光)と東武鉄道(本社:東京都墨田区、社長:根津 嘉澄)では、2016年度から2019年度にかけて導入を進める東京メトロ日比谷線・東武スカイツリーラインの相互直通運転車両について、このたび、新型車両の形式名称と基本的な仕様を決定しました。

 車両形式名称は、東京メトロは13000系、東武鉄道は70000系とし、現在、3扉車両と5扉車両(前2両・後2両)が混在する直通車両のすべてを4扉車両(20m化7両編成)に統一し、車両機器や車内の主要設備について仕様の共通化を進めました。

 今回の仕様共通化により、2社で異なる車両機器や車内の主要設備が統一化され、フリースペースや優先席の位置なども統一化されることから、お客様がどの列車にご乗車いただいても、わかりやすく・使いやすい車両として快適にご利用いただくことが可能となり、利便性・快適性の向上を図ります。

 また、車内1人あたりの座席幅の拡張や座席横仕切りの大型化等による座り心地の向上、車いす・ベビーカーご利用のお客様や手荷物の多いお客様に配慮した全車両フリースペースの設置、および車端部の座席を全て優先席とするなど、様々なお客様に配慮した仕様となります。

 このほか、海外からのお客様が増加している状況を踏まえ、乗換案内や駅設備案内等を多言語に対応するほか、きめ細やかなご案内の提供を目的として、各ドア上部に17インチワイド液晶の車内表示器を3画面搭載します。

 詳細は、添付ファイルをご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。