ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
サイト内検索

閉じる

東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)整備にかかる工事着手について

2016年2月8日

 

 UR都市機構(本社:横浜市中区/理事長:上西 郁夫)と東京メトロ(本社:東京都台東区/代表取締役社長:奥 義光)は、UR都市機構が事業主体、東京メトロが運営管理を行う予定の東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)整備について、本日起工式を行い、今後工事に着手いたします。

 

 新駅は日比谷線霞ケ関駅~神谷町駅間の国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置し、相対式2面のホームを設置いたします。工事にあたっては日比谷線の既設トンネルに影響を与えないアンダーピニング工法を採用し、列車及びお客様の安全を確保しながら工事を進め、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前の供用開始、2022年度最終完成を目指します。

 2020年供用開始時には、ホーム及び暫定の改札口は地下1階に設置し、その後2022年度の最終完成時には改札口を地下2階に設置(移設)する予定です。

 

 引き続き関係機関及び周辺の都市開発との連携・調整を図りながら、新駅の整備を進め、交通結節機能の強化によるお客様の利便性向上に貢献してまいります。

 

 詳細は添付ファイルをご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。