ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

線路内転落・列車接触事故防止を目的とした 「注意喚起シート」を追加設置します

2017年6月12日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)では、ホーム上での線路内転落・列車接触事故防止を目的とした「注意喚起シート(スレッドライン)」を2017年12月末までに5路線34駅に追加設置し、ホーム上のさらなる安全性向上を目指します。

 「注意喚起シート」は、赤と白の縞模様のシートで、このシートをホーム上の白線からホーム縁端部まで貼り付けることにより、お客様の列車への接触、接近、ドア挟み、線路内転落等の事故防止及び駅係員や乗務員のホーム監視業務の視認性向上を図っています。

 東京メトロでは、お客様のご利用状況やホーム形状などを踏まえ、これまで41駅に注意喚起シートの設置を完了していますが、お身体の不自由なお客様のご利用状況や更なる安全性・視認性確保の観点から、新たに5路線34駅に追加設置することといたしました。追加設置完了後の設置合計駅数は、5路線70駅となります。

 これからも様々な安全対策に取り組み、お客様に安心してご利用いただけるよう努めてまいります。

 詳細は、別添ファイルをご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。