ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

長期環境戦略「みんなでECO.」

2020年度に向けた長期環境戦略「みんなでECO.」の進捗をご紹介します。

  • ※注意 拡大画像をご覧いただけます。 マークを選択すると、拡大画像をご覧いただけます。

お客様や沿線地域とともに目指す、2020年度に向けた環境への取組

東京メトログループは、首都東京の都市機能を支える鉄道事業者として、2020年度に向けて、長期的かつ戦略的に、お客様や沿線地域とともに東京の環境負荷低減につながるさまざまな取組を実施していくための長期環境戦略「みんなでECO.」を策定しています。これは、3つのテーマに基づき、積極的な環境保全活動を展開するもので、東京メトログループでは「安全で質の高い鉄道サービスの提供」を着実に推進する一方で、省エネルギー施策に積極的に取り組むことにより、2020年度の当社の全事業における総エネルギー使用量を2009年度*実績より増加させないことを目標としています。
*2009年度は現在の9路線が年間を通じて稼働した初年度です。

  • 東京メトログループ長期環境戦略「みんなでECO.」取組イメージ

東京メトロ自らのエコ

東京メトロを使ってエコ

沿線地域とエコ

2020年度に目指す姿

「東京メトロを使ってエコ」における利便性向上の施策や、近年の気候変動により、何も対策を講じなければ、エネルギー使用量はより増加していくことが想定されます。
そこで、「東京メトロ自らのエコ化」で掲げる積極的な省エネルギー施策に取り組むことで、2009年度実績(10,455千GJ)より増加させないよう努めます。

下図のグラフのとおり、ホームドア設置などの安全対策や、バリアフリー設備設置などのサービス向上施策を実施することで、消費電力量は増加していますが、LED照明や環境配慮型車両の導入などの省エネルギー施策の実施により鉄道事業全体としてはエネルギー使用量の増加抑制に努めています。

  • エネルギー使用量の目標と実績