ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

「サインシステム基準改正」編

2015年3月17日

 

【サインシステムの歴史】

 サインシステムは、地下鉄に不慣れなお客様がスムーズに駅構内を移動できるよう導入されたもので、1973年(当時は営団地下鉄)に初めて千代田線大手町駅で試験導入した後、1974年から正式に採用し全駅に展開しました。

 その後、路線数が増加し乗換駅が複雑・深層化するなか、さらに分かりやすい案内とするため、2004年の東京メトロ発足と同時期にサインシステム基準を制定し、2005年から現行のサインシステムを順次各駅に展開しました。

【サインシステム基準の見直し~上野駅でのパイロット実施~】

■ サインシステム基準の見直し

 現行のサインシステムは、これまでもお客様からのご意見、駅社員の意見等に基づき小規模な改良を重ねてきました。しかし、制定から約10年が経過しており、訪日外国人の増加や少子高齢化の進行など東京メトロを取り巻く社会環境の変化に対応するため、サインシステム基準の全体的な見直しに着手することとしました。

 2013年3月から検討を開始し、お客様や有識者へのインタビューの結果、現行のサインシステムについては、一定の理解・浸透を示していただいているものの、お客様の属性によって必要とされる情報が異なり、利便性に欠ける部分があること、「構造が複雑」「観光客が多い」等の全駅統一の基準ではカバーしきれない駅の特性を考慮する必要があることが判明しました。

 そのため、お客様の属性と駅固有のニーズを意識したサインシステム基準の見直し案を策定し、ヘビーユーザー・ライトユーザー双方が多く、バリアフリールートを含む駅構造が複雑かつ乗換駅である上野駅において、 2014年7月からパイロットを実施しました。

■ パイロット実施の結果

 上野駅でのパイロット実施に対するお客様からの評価調査、駅社員の意見、障がい者実査の結果、総合的な分かりやすさについては概ね好評をいただきました。

 特に集合案内などの大型化したサインや、降りるホームを判断するためののりば案内サインが好評でした。一方で、情報の充実化を図ったサインのうち、特に、1つの目的地に対し2方向を案内するサインについては、「戸惑った、迷った」との指摘を多くいただいたことから再検討を行い、内容を比較しやすいよう、視認性の向上を図りました。

【サインシステム基準の主な改正点】

 上野駅でのパイロット実施の結果等をもとに、サインシステム基準の改正を行いました。主な改正内容としては、駅ナンバリング表記の強化、各種案内の集約・統合、駅設備及び周辺ランドマーク案内の強化、その他ピクト・文字の見やすさ改善、多言語表記の追加を行いました。

【今後について】

 今回見直しを図った基準をもとに、各駅ごとにサインシステムの設計を進めていき、2020年を目途に全駅のサインシステムを更新する予定です。これにより、訪日外国人のお客様をはじめとした様々なお客様の属性とニーズを意識した案内機能の強化を図っていきます。

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。