ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

「銀座線ビジネスエリア駅デザインコンペ」編

2016年2月23日

 

 東京メトロでは、2017年に銀座線開業90周年を迎えることを見据えた銀座線全駅のリニューアルを進めるため、2012年12月から様々なアイデアを公募する駅デザインコンペを実施しています。今回は、第4弾「銀座線ビジネスエリア駅デザインコンペ」について、その実施状況をご紹介します。

 

 ■ 「銀座線駅デザインコンペ」の展開

 銀座線では、1927年(昭和2年)12月30日東洋初の地下鉄として開業後、東京の街をつないできた歴史を大切にしながら、先端の機能やサービスを取り入れ発信する路線を目指し、【伝統×先端の融合】を路線コンセプトとし、全線のリニューアルを実施しています。

 銀座線リニューアルの取組みは、主に『ホームドアの整備』、『新型車両の導入』、『渋谷駅移設工事』、そして『エリアごとの駅リニューアル』があります。このうち、駅のリニューアルにあたっては、ただ単に駅を改装するのではなく、これからも地域の皆さまをはじめ、多くの方から愛される路線となるよう、お客様にも一緒に駅づくりに参加していただきたいという思いで、エリアごとにデザインを広く公募する『銀座線駅デザインコンペ』を2012年12月から開催しており、これまでに「下町エリア」、「商業エリア」、「銀座駅」の3エリアのコンペを実施しました。

 

 ■ 第4弾!「ビジネスパーソンの1日、地下鉄の1日」をテーマとしたビジネスエリアコンペ

  ~【駅デザイン部門】と【「幻のホーム」活用アイデア部門】の2部門を募集~

 第4弾では、ビジネスエリアに含まれる新橋駅・溜池山王駅・赤坂見附駅の3駅を対象に、駅デザインを募集する「東京メトロ 銀座線 ビジネスエリア 駅デザインコンペ」を開催しています。2015年10月28日(水)から募集を開始し、2016年1月6日(水)に作品の提出を締切りました。2部門の作品応募総数は、過去最高となる234作品にのぼり、設計事務所等に勤務するプロの方はもちろん、一般の会社員や学生の方など、最年少は8歳、最年長は80歳と幅広い世代の方から応募をいただきました。

 

 詳細は、添付ファイルをご確認ください。

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。