ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー

半蔵門線08系

平成15年3月の水天宮前・押上間延伸開業により、新たに東武伊勢崎線・日光線と相互直通運転を開始することから、開業に伴う輸送力増強のため新型車両08系60両が投入されました。設計の基本ベースを東西線New05系とし、次世代0系車両のコンセプトを継承して、今後の標準化を目指した車両となっています。車体は、これまでの0系車両で使用してきた、大型アルミ合金形材に加え、側構体の一部にホロー材(※注意1)を使用し、車体剛性の向上をさせるとともに、溶接工程の削減に伴う品質の安定化を図りました。

  • ※注意1ホロー材 アルミ押出中空形材の総称

前面の形状は、半蔵門線従来車8000系車両の面影を残し、縦曲面を主体とした斬新なイメージとしました。大形の窓を採用することにより、運転士の前方視界を確保し、運転室は従来の車両と同様にT形ワンハンドルマスコンを採用しました。正面右側にTIS(※注意:2)の画面を有し、運転上の情報を表示します。

  • ※注意2TIS(車両制御情報管理装置) 車両の状態表示や行先設定等、乗務員を支援する機能があります。

ホワイトを基調としたシンプルかつ清潔感のあるカラーを採用しました。座席は、ラインカラーのパープルを基調としたバケットタイプを採用しています。今回、7人掛シートを4:3名に分割するスタンションポールを初採用しています。
また、すべての車両に優先席と3・9号車に車いすスペースを設けています。

車両主要諸元

基本車両編成

基本車両編成

主要諸元

自重(t) 21.5~32.1
定員(人) 141~153
最大長さ(mm) 20,000(先頭車20,240)
最大幅(mm) 2,780
最大高さ(mm) M1車:4,080(パンタグラフ付き)・他4,022
車体構造 全アルミ合金製
電車線方式 1,500V架空電車線式
軌間(mm) 1,067
最高速度(km/h) 110(最高運転速度)
加減速度
(km/h/s)
加速度:3.3 / 減速度:(常用)3.5・(非常)4.5
制御方式 VVVFインバータ装置(2レベル方式)
ブレーキ方式 ATC連動電気指令式電空併用ブレーキ(回生ブレーキ付き)、保安、対雪ブレーキ付き
列車保安装置 CS-ATC / 東急用CS-ATC / 東武用ATS

サービス機器一覧

弱冷房車両 第2車両に設置
優先席 全車両に設置
車いすスペース 第3車両、第9車両に設置
非常通報装置 押しボタン式非常通報装置・通話機能付き
車内案内装置 LEDによる文字自動表示(縦2段・横12文字スクロール)
放送装置 AVC付分散増幅式・車外放送、自動放送付

ページトップへ