ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー

半蔵門線8000系

8000系の車両は、6000系や7000系の思想を踏襲し、さらに、その後の車両の社会的ニーズに対応することと、技術的進歩を取り入れるものとすることに重点を置き、製造されました。日本で始めてボルスタレス台車を取り入れ、重量の低減、構造の簡素化による保守性の向上を図るために採用しております。

前面の形状は、6000,7000系車両のデザインをベースに前面傾斜部をヘッドライトの下まで延ばし、大形の窓を採用することにより、運転士の前方視界を確保しています。乗務員室内は東急電鉄との乗り入れを考え、ワンハンドル式マスコンを東京メトロで初めて採用しました。

室内は白をベースに明るく落ち着いた雰囲気でまとめ、客室天井中央にはラインフローファンが新車搬入時から取付けられています。これは、後に車両冷房を搭載することを前提に考えられて作られていたためで、現在は全車両に冷房装置が搭載されています。

車両主要諸元

基本車両編成

基本車両編成

主要諸元

自重(t) 22.5~36.8
定員(人) 136~150
最大長さ(mm) 20,000(先頭車20,240)
最大幅(mm) 2,830
最大高さ(mm) M1車:4,145・他4,135
車体構造 全アルミ合金製
電車線方式 1,500V架空電車線式
軌間(mm) 1,067
最高速度(km/h) 100
加減速度
(km/h/s)
加速度:3.3 / 減速度:(常用)3.5・(非常)4.5
制御方式 AVFチョッパ方式/VVVインバータ方式
ブレーキ方式 回生ブレーキ付き電空演算形電気指令式空気ブレーキ、保安、対雪ブレーキ付き
列車保安装置 CS-ATC /東急用CS-ATC/ 東武用ATS

サービス機器一覧

弱冷房車両 第2車両に設置
優先席 全車両に設置
車いすスペース 第3車両、第9車両に設置 (一部車両)
非常通報装置 押しボタン式非常通報装置/通話式非常通報装置
車内案内装置 液晶モニタ / 7インチワイド×2 / ドア(一部車両)
放送装置 分散増幅式 / 車外スピーカー(一部車両)・自動放送装置付(全車設置予定)

ページトップへ