ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

ニュースリリース

■2008年10月14日
08-55
平成20年10月14日
銀座線(浅草駅~新橋駅間)の土木構造物が
「選奨土木遺産」に認定されました!
 東京メトロ(社長 梅﨑 壽)では、銀座線浅草駅~新橋駅間の土木構造物が平成20年8月29日に「選奨土木遺産」として認定されました。11月18日の「土木の日」に社団法人 土木学会より認定書と銘板が贈呈されます。
 なお、贈呈された銘板は、浅草駅・上野駅・新橋駅に設置いたします。
 銀座線浅草駅~上野駅間は、昭和2年に東京地下鉄道が開業した東洋で最初の地下鉄であり、その後昭和9年にかけて新橋駅まで順次開業をしてきました。
 当該区間には、国内で初めて、H型鋼を大量に使用した鉄鋼框(てっこうかまち)構造を採用したことや、末広町~神田駅間の神田川の川底を通過するトンネルなど、貴重な土木構造物が多く存在することが認定理由となりました。
(参考)
 社団法人土木学会では、技術的・デザイン的に優れたもの、ないしは由来やエピソードが豊富な構造物を毎年15件程度「選奨土木遺産」として認定しています。
銀座線上野駅(昭和2年開業)
銀座線上野駅(昭和2年開業)
銀座線路線図
上野駅構内 鉄構框構造の駅部
上野広小路駅 アーチ形状の天井
末広町~神田駅間 アーチ型トンネル
三越前~神田駅間 鉄構框構造のトンネル