ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

ニュースリリース

■2008年11月22日
平成20年11月22日
東京地下鉄株式会社
千代田線西日暮里駅における車両の開扉について
 本日(平成20年11月22日)、千代田線西日暮里駅で、ホームと反対側のドア開扉が発生いたしました。お客様、関係者にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。詳細については、下記のとおりです。
1 発生日時 平成20年11月22日20時13分頃
2 発生場所 千代田線 西日暮里駅(住所:荒川区西日暮里5-14-1)
3 当該車両 代々木上原発我孫子行B1937S列車 10両編成(6122編成)
4 負傷者 なし
5 状  況 当該列車は西日暮里駅から出発の際、ドア閉操作を行ったが、先頭の車両のドアが閉まっていなかったので、再開扉しようとしたところ、お客様からお申し出を受け、反対側のドアが開いていることを乗務員が確認しました。
当該車両は、安全確認の後、お客様に降りていただき、回送として車庫に入れました。現在、点検を行っています。
6 運行への影響 11分間の運転見合わせ(20:14~20:25)
影響人員 4,000人
7 乗車人員 1,600人
8 原  因 当該列車の運行を取りやめ、再現試験を行い原因を調査しています。
以  上