ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

千代田線に16000系4次車を導入します

2015年9月15日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)では、千代田線に16000系マイナーチェンジ車両(4次車)を導入し、2015年9月16日(水)から営業を開始いたします。

 16000系は、2010年11月から営業を開始した千代田線の次世代車両であり、現在は16編成160両を導入しております。今年度新造分につきましては従来の16000系から設計を一部変更し、全ての車両にフリースペースを設置することや、補助電源装置により省エネルギーな「並列同期/休止運転方式」を世界で初めて導入するなど、より一層お客様や環境に配慮した車両にいたしました。

 今年度につきましては8編成80両を導入するほか、引き続き2017年度まで順次16000系を新造し、将来的には千代田線の10両編成車両を全て16000系に置き換える予定です。

 詳細は、添付ファイルをご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。