ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

列車の運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

MENU

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 オフィシャルパートナーに決定

2016年6月7日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)は、このたび、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2020オフィシャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)」契約を締結しました。

 東洋初の地下鉄である銀座線が開業してから88年、1964年の東京オリンピック開催時の日比谷線全線開業など、東京メトロは、これまで首都東京の都市機能を支えてまいりました。

 現在、東京メトロは、グループ理念「東京を走らせる力」の実現を目指し、「安心=安全+サービス」の考えのもと、すべてのお客様に安心してご利用いただけるよう、日々の安全・安定運行はもとより、震災対策、大規模浸水対策等の自然災害対策、バリアフリー設備及びホームドアの整備、さらには駅構内や車内での情報提供の充実など、さらなる都市機能向上のためハード・ソフト両面で様々な取組みを進めています。

 また、スポーツを通した東京の活性化を目的に、「東京がひとつになる日」をコンセプトに首都東京を駆け抜ける東京マラソンを、第1回大会からパートナーとして応援しています。

 この度、東京2020オフィシャルパートナーになったことを受け、東京の魅力を伝える「東京の案内役」、円滑な輸送サービスを提供する「東京圏の交通ネットワークのつなぎ役」という役割を果たし、地下鉄をわかりやすく快適にご利用いただき、日本はもとより海外からのお客様にも東京を存分に楽しんでいただけるよう努めていくことで、交通の面から東京2020大会の成功に貢献してまいります。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。