ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

アルゼンチン共和国ブエノスアイレスで活躍した丸ノ内線旧500形車両が約20年ぶりに東京に里帰りします!

2016年7月20日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)ではアルゼンチン共和国ブエノスアイレスで活躍していた丸ノ内線旧500形車両がこのたび里帰りすることとなりました。

 7月11日に横浜港大黒ふ頭に到着した500形車両は順次中野車両基地に搬入されます。

 500形車両は、1957年から製造された車両で、赤いボディーにサインカーブを施したデザインが特徴であり、40年近く丸ノ内線の顔として親しまれていました。
 今回里帰りする車両は、1996年にアルゼンチン共和国ブエノスアイレスに渡り、当地で20年以上活躍していました。

 海外での役目を終えて、日本に里帰りすることになった電車は、東京メトロではこの500形車両が初めての電車となります。
 今後、中野車両基地等にて車体などの補修を行い、鉄道技術発展に貢献した車両として保存することにより、教育の充実を図るとともに、各種イベントでも活用していく予定です。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。