ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

千代田線6000系車両が引退します

2018年9月28日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)は、千代田線6000系車両が10月5日(金)の営業運転をもって通常運行を終了し、10月13日(土)から11月11日(日)までの土休日限定で一日一往復綾瀬駅~霞ケ関駅間を特別運転いたします。特別運転では、東京メトロの車両として40年以上もの間お客様にご利用いただいたことに感謝の気持ちを込めてヘッドマークを掲出し運行いたします。

 千代田線6000系は、1968年に試験導入し1971年から量産車がデビューした車両で353両製造され、多くのお客様にご利用いただきました。デビュー当時は、回生ブレーキとチョッパ制御方式を世界で初めて採り入れた省エネルギー車両でした。また、アルミ製車体を本格導入し、6000系以降製造された車両の標準型となった車両でもあり、1972年には「ローレル賞」を受賞しました。

 千代田線6000系との思い出と残り少ないご乗車の機会を是非お楽しみください。
 特別運転の詳細については別添をご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。