ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

運転士(ワンマン路線)がiPadを活用したご案内を開始しますさらに乗務員が開発した「多言語異常時案内アプリ」の使用を開始します

2019年3月13日

 

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、列車内におけるお客様へのご案内の充実等を目的として2019316日(土)より運転士(ワンマン路線)がiPad活用したご案内を開始いたします。

 東京メトロでは、お客様ご案内のサービス品質向上、海外からのお客様への対応強化、社員間の迅速な情報共有を図るため、2010年からサービスマネージャー、2015年から駅社員、2018年から車掌がそれぞれiPadを活用したご案内を行っています。

 このたび、2019年3月16日(土)よりワンマン運転を実施している路線で運転士にもiPadを配付し、車内放送等に活用することで、更なるサービス品質の向上を図ります。

 また、乗務員が使用するiPadに、乗務員が開発した多言語異常時案内アプリを搭載し、外国人のお客様へのご案内強化に努めていきます。

 東京メトロでは、引き続きお客様サービスにつながる様々な場面でICTを活用し、地下鉄をわかりやすく、快適にご利用いただける取組みを進めていきます。

 詳細は別添ファイルをご参照ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。