ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

勤務中の全駅社員がiPhoneを携帯します!全駅にiPhone約1,500台を導入し、ICTを活用した質の高いサービスを提供します。

2019年10月9日

 

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、お客様ご案内のサービス品質向上、海外からのお客様へのご案内強化、社員間の迅速な情報共有等を図るため、全駅※1で勤務中の全ての社員がiPhoneを携帯します。

 東京メトロでは、2010年からサービスマネージャーがiPadを活用したご案内を開始したのを皮切りに、2015年には全駅にiPadを配備、また2018年から車掌、2019年からワンマン路線の運転士がiPadを携帯するなど、ICTを活用した質の高いサービスの提供に取り組んでまいりました。このたび、全駅に約1,500台のiPhoneを導入し、勤務中の全ての社員がiPhoneを携帯することで、駅構内のいずれの箇所においても、迅速に充実したご案内が可能となります。

 iPhoneの導入に合わせて、国際的なスポーツイベント等で海外からのお客様をお出迎えするにあたり、ご案内を強化するため、株式会社NTTドコモと共同開発した多言語翻訳アプリ「はなして翻訳®」をiPhoneに搭載しますまた、国際的なスポーツイベント等開催時に多くのご利用が見込まれるお身体の不自由なお客様等のご案内をスムーズに行うため、駅社員同士の駅間連絡を行う「バリアフリーアプリ」を搭載する予定です。

 東京メトロは、お客様サービスにつながる様々な場面でICTを活用し、地下鉄をわかりやすく、快適にご利用いただける取組みを進めていきます。

 詳細は別添のファイルをご参照ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。