ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

訪日外国人向けご案内サービスとしてAIチャットボット「Bebot」の実証実験を開始します

2019年11月29日

 

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)と株式会社ビースポーク (本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美)は、2019年12月1日から2020年2月29日まで、訪日外国人向けのご案内サービスとしてAI(人工知能)チャットボット「Bebot(ビーボット)」の実証実験を実施します。

  

 「Bebot」は、AIによって訪日外国人向けコンシェルジュ業務を行うスマートフォン用チャットボットサービスです。今回の実証実験では、訪日外国人旅行者のご利用が多い銀座線の各駅(浅草から渋谷まで)に対応しており、駅構内のバリアフリー情報や乗り換え案内、駅周辺の観光スポットといった外国人旅行者のお問い合わせに、英語でリアルタイムにご案内することが可能です。

  

 ご利用の際、アプリなどのダウンロードは一切不要で、ご自身のスマートフォンのブラウザを通じてどなたでも無料で「Bebot」を利用することができます。

  

 東京メトロは、本サービスへの訪日外国人旅行者のニーズやAIの有効性などを検証し、今後の案内ツールの充実を検討して参ります。

  

 「Bebot」実証実験の詳細は、別添のファイルをご参照ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。