ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰の受賞について

2019年12月2日

 

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)と東芝インフラシステムズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:今野 貴之、以下「東芝」)は、丸ノ内線新型車両2000系向けに共同で開発した省エネルギー技術「二次電池SCiBTM適用 鉄道車両用次世代駆動システムの開発、導入」で、環境省が主催する「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞し、本日12月2日(月)に表彰が行われました。

 

 東京メトロと東芝は長年にわたり環境負荷低減の為、鉄道車両の省エネ化を目指してまいりました。この度、丸ノ内線新型車両2000系にて、最新の非常走行用電源装置、インバータ装置、主電動機(モーター)の3つを組み合わせた駆動システムにより、従来と比較して27%もの省エネを実現しました。これら3つを組み合わせたシステムの導入事例は世界初となります。この取組みが評価され「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞する運びとなりました。

 地球温暖化防止活動環境大臣表彰は環境省が主催し、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体に対しその功績をたたえるもので、今回は「対策技術先進導入部門」で受賞しました。

 

 東京メトロと東芝は、これからも共に技術開発、省エネ化を進め環境負荷低減に努めてまいります。

 詳細につきまして別添ファイルをご参照ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。