ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

列車の運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

MENU

ここから本文です

2021年ニュースリリース

業界初!デプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムを開発

2021年3月1日

 

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)は、上野グリーンソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:上野 元)と共創し、お客様お一人おひとりの安心で快適なご利用を支えるため、列車混雑状況のリアルタイム提供を目指すべく、鉄道業界で初めてデプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムを開発しました。


 東京メトロでは、ウィズコロナ・ポストコロナにおいてもお客様に選ばれる鉄道会社となるため、3つのキーワード、「安心な空間」「パーソナライズド」「デジタル」に基づく施策に取組んでいます。これまで、車重や改札利用者数から時間帯ごとの混雑状況を推計し提供してまいりましたが、複数路線で相互直通運転を行っている当社線では、他社車両の車重の取得や号車ごとにリアルタイムで混雑状況を提供することは難しい状況でした。そこで、お客様の「パーソナライズド」なご利用(お客様お一人おひとりの安心で快適なご利用)の実現に向け、2019年9月より東西線東陽町駅、2020年11月より丸ノ内線新宿駅において、列車の駅出発時に車両側面をデプスカメラで撮影し、列車混雑状況を人工知能(AI)に機械学習させることで、号車ごとの列車混雑状況をリアルタイムに計測する実証実験を行ってきました。

 この度、その技術検証が完了したことから、列車混雑計測システムを東京メトロ全線の複数駅(各路線各方面ごとに数箇所)に展開し、2021年度を目途に時々刻々と変化する全線の列車混雑状況をリアルタイムにお客様に提供することを目指します。

 東京メトロは、お客様により安心して快適に地下鉄をご利用いただけるよう、引き続き、取組みを進めてまいります。

 列車混雑計測システムの概要は別添ファイルをご覧ください。

 

 

業界初!デプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムを開発.pdf(PDF:461 KB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。

Adobe® Reader®のダウンロード