ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

ニュースリリース

■2010年8月23日

10-43

平成22年8月23日

G05,M13

~駅をもっと便利・快適・安全に~

赤坂見附駅に新しいコンコース・出入口が誕生
8月28日(土)オープン!

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:梅﨑 壽)では、銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅の大規模改良工事を進めてまいりましたが、この度平成22年8月28日に、これまで出入口のなかった赤坂・山王下エリアに新設コンコース・出入口をオープンします。

この工事では、銀座線・丸ノ内線ホームより低層となる地下3階に約530m2の空間を新たに設け、改札口・出入口のほか、トイレや待合せスペースを備えたコンコースを整備しました。これにより、今まで改札口・出入口のなかった赤坂・山王下エリアから赤坂見附駅をご利用になるお客様には、大変便利になります。

さらにこの工事では、火災対策として「避難誘導設備」「排煙設備」の整備を進めており、駅の安全性が向上します。

なお、ホーム及び既設改札口については現在リニューアル工事を行っており、平成23年春に完了する予定です。

東京メトロでは、今後もより一層便利・快適で安全な駅環境の整備に取り組んでまいります。


新設出入口(イメージ)

より「便利」で「快適」な駅に

【コンコースのデザイン】

  • ・出入口周辺のオフィスビルのイメージや日枝神社等の緑の多さと閑静な雰囲気などをモチーフとしたデザインとしました。
  • ・改札口を出てすぐの壁に光壁を設け、外へ出るイメージがわきやすいようにしました。
  • ・掲示板・案内等を集約して使い勝手のよい配置としました。

【改札口・出入口の新設】

  • ・これまで改札口・出入口のなかった赤坂・山王下エリア(溜池山王駅・国会議事堂前駅側)からの赤坂見附駅へのアクセスが容易になります。

【トイレの新設】

  • ・お客様の様々なニーズに応え、どなたにも便利にご利用いただけるよう、次のような設備を採り入れています。
    • > ベビーカーと一緒に入れる、広い個室トイレの設置(男女トイレ)
    • > 広い手洗いスペース、独立したパウダーコーナーの設置(女性トイレ)
    • > 大きな姿見、手洗いスペースから独立した「ドレッシングスペース」の設置(男性トイレ)
    • > ベビーシートやフィッティングボードの設置(男女・多機能トイレ)
    • > 車椅子をご利用のお客様にも対応できる広いスペース、自動式扉(多機能トイレ)

【待合せスペースの設置】

  • ・改札内に椅子を15席設けており、待合せスペースとしてご利用いただけます。

【バリアフリー設備】

  • ・出入口の階段には上り下りエスカレーターを併設しています。
  • ・新設改札階~各ホーム階を結ぶエレベーターを設けています。

【環境への配慮】

  • ・駅構内の照明には、高効率のインバーター式機器を導入しています。

より「安全」な駅に

東京メトロでは、平成15年2月に発生した韓国テグ市の地下鉄火災事故を受けて改正された火災対策基準に基づき、様々な設備により大火源火災に対する安全性向上に取り組んでいますが、今回の大規模改良工事に伴い、赤坂見附駅では次の火災対策設備の整備を行っています。

【避難誘導設備】

ホームから地上までの避難経路が一方向のみの駅においては、お客様がホームから地上まで安全に避難できるように、避難通路を新たに設置し、二方向の避難通路を確保しています。

【排煙設備】

全ての駅が基準に適合するよう、整備を進めています。

≪参考≫東京メトロの「大規模改良」

駅混雑緩和や利便性向上などを目的とし、土木工事と連携しながらホームやコンコースの拡幅、出入口の新設、改良工事を進めています。

今回の赤坂見附駅の大規模改良では、特にお客様の利便性向上と火災対策設備の充実を目的として工事を行ってきました。

【今後完成予定の大規模改良駅】

駅名 改良予定内容
丸ノ内線 中野坂上駅火災対策のための改札口・出入口新設、バリアフリー整備
有楽町線 豊洲駅混雑緩和のための改札口新設、バリアフリー設備増備
東西線 門前仲町駅乗換え利便性向上のためのホームの一部拡幅、バリアフリー整備

※掲載の画像は、すべてイメージです。