ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

日比谷線に虎ノ門ヒルズ駅が誕生します!2020年6月6日(土)開業

2019年11月11日

 

 UR都市機構(本社:横浜市中区/理事長:中島 正弘)と東京メトロ(本社:東京都台東区/代表取締役社長:山村 明義)は、2020年夏前の開業を目指し、2016年2月から設置工事を進めている東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」について、2020年6月6日(土)に開業することを決定しました。

 「虎ノ門ヒルズ駅」は、日比谷線霞ケ関~神谷町駅間、国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置し、1964年に日比谷線が全線開業して以来、約56年ぶりに新たな駅として誕生するものです。相対式2面ホームで、各ホームに出入口(地上行き)を1箇所設置するほか、中目黒方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、周辺再開発ビルやバスターミナルに接続するとともに、銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能になることで、交通結節機能の強化が図られます。

 今回の開業は2020年夏に開催される国際的なスポーツ大会に向けて開業するもので、引き続き最終完成を目指し、UR都市機構が事業主体、東京メトロが設計・工事受託者の役割分担のもと、関係機関及び周辺再開発事業との連携・調整を図りながら、整備を進めてまいります。最終完成時は、地下2階で隣接する再開発事業で整備される駅広場とつながり、地上と地下をスムーズに行き来できる「まちと一体となった新たな駅」を目指してまいります。

 詳細は、別添のファイルをご参照ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。