ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

列車の運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

MENU

ここから本文です

会社情報

環境基本方針と環境マネジメントシステム

  

グループ全体で環境目標を設定し、達成に向けて計画的に活動を進めています。

環境基本方針

経営方針に示された「社会・地球環境に配慮した事業展開を通じ、持続可能な社会の実現に貢献します」という考え方に基づき、東京メトログループの一人ひとりが取組むべき、より具体的な環境保全活動の方向性を示した環境基本方針を定めています。

1 私たちは、事業のあらゆる場面で先端技術を用い、更なる省エネルギー化と再生可能エネルギーの活用を推進し、温室効果ガスの削減を通じ、気候変動の緩和に努めます。
2 私たちは、資源循環の推進や環境に優しい物品の調達を通じ、環境負荷の軽減に貢献します。
3 私たちは、事業を通じ生じる廃棄物・排気・排水・騒音などの環境負荷の低減を図り、地域社会との調和を目指します。
4 私たちは、エネルギー効率の高い交通手段である地下鉄の国内外における利便性向上と利用促進を通じて、地球環境の改善に貢献します。
5 私たちは、事業が環境に与える影響を把握・分析し社会に開示する他、関連する法規制を遵守し、環境汚染の予防に努めます。
6 私たちすべての役員・社員は、教育・研修等を通じ、環境への意識を啓発し向上させます。

環境マネジメント推進体制

東京メトロでは、環境保全活動を全社的に推進するため、広報部担当取締役を環境管理総括責任者に、各部門の長を部門環境管理責任者に選任するとともに、環境マネジメントに関する案件を協議・決定する「環境委員会」を設置しています。なお、環境マネジメントに関する重要案件に関しては、社長の諮問機関である経営会議において審議しています。

環境マネジメント推進体制

この「環境マネジメント推進体制」のもと、PDCAサイクルに沿って環境マネジメントシステムを運用しています。環境基本方針に基づき、環境委員会にて環境目標を設定し(Plan)、目標の達成に向けて実施項目別に当該部門で活動し(Do)、活動の進捗状況を定期的に検証・評価し、結果を環境委員会に報告しています(Check)。そして、必要により見直しを行い(Act)、環境保全活動を継続的に改善しています。

さらに、東京メトログループ各社間での情報共有や連携の強化、環境マネジメントに関するレベルアップのためグループ環境委員会を定期的に開催し、グループ全体で環境マネジメントのさらなる発展に向け積極的に取り組んでいます。

環境マネジメント推進体制に係るPDCAサイクル