ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

南北線9000系new

9000系22、23編成は、平成21年6月ダイヤ改正時の増発用として製作された新造車両です。車体は従来と同じアルミ合金製ですが、構造の見直しによる強度の向上を図っています。また、内装材の見直しによる火災対策の向上、車両ドア戸挟み支障を援助する戸閉め力弱め制御装置の搭載、床面高さの低減によるホームとの段差の縮小など、安全性と利便性を高めています。エクステリアデザインでは前灯とその周囲の形状、前面から側面へ流れるラインを見直し、より精悍なスタイルとしました。

乗務員室は従来の9000系とほぼ同じ構造・機器配置としています。台車や連結器、制御装置などの各種機器は有楽町・副都心線10000系を基本とし、安全性、信頼性の向上、低騒音化、コスト低減を図っています。

インテリアは、白を基調とした清潔感のある配色とし、床材には路線カラーのエメラルドグリーンを採用して、車内をより明るく見せる配色としました。腰掛けは片持ち式とし、座席幅は一人当たり460mmに広げました。座席のクッション材を改良し、座り心地の改善を図っています。従来の9000系と比較して、ドア上の表示器をLED式から液晶式にし、冷房能力も向上させるなど、サービス向上を図っています。

車両主要諸元

基本車両編成

基本車両編成

主要諸元

自重(t) 26.0~33.0
定員(人) 140~151
最大長さ(mm) 20,000(先頭車20,660)
最大幅(mm) 2,830
最大高さ(mm) M1、M1'車:4,140・他4,042
車体構造 全アルミ合金製
電車線方式 1,500V架空電車線方式
軌間(mm) 1,067
最高速度(km/h) 110
加減速度
(km/h/s)
加速度:3.3 / 減速度:(常用)3.5・(非常)4.5
制御方式 VVVFインバータ制御方式
ブレーキ方式 ATC連動電気指令式電空併用ブレーキ(回生ブレーキ付き)
保安、対雪ブレーキ付き
列車保安装置 CS-ATC/東急・埼玉高速用CS-ATS

サービス機器一覧

弱冷房車両 第4車両に設置
優先席 全車両に設置
車いすスペース 第2車両、第5車両に設置
非常通報装置 通話機能付き非常通報装置
車内案内装置 液晶モニタ15インチ×1/ドア
放送装置 車内放送(自動音量調整機能付き)、自動放送、車外放送