ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

Language :

閉じる

「東西線ソーラー発電所」完成

2015年3月27日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区  社長:奥 義光)では、2020年度に向けた長期環境戦略「みんなでECO. 」を掲げ、東西線地上駅へメガソーラー規模の太陽光発電システムを導入する「東西線ソーラー発電所」計画を展開していますが、 2015328日(土)、西船橋駅の太陽光発電システムが新たに稼働し、東西線地上駅8駅での合計最大出力が1MWとなるメガソーラー規模の「東西線ソーラー発電所」が完成します。

 今回新たに導入した西船橋駅の最大出力は166kW、発電開始後の年間発電電力量は約166,000kWhを見込んでいます。これにより、CO2排出量換算で 約 76t(一般家庭48世帯分)が削減されます。発電した電力は、駅のエスカレーター・エレベーター、照明等の付帯用電力※1に使用し、発電量が多い場合、隣接の駅に融通して利用することが可能です。

 また、全8駅での年間発電電力量は約109万kWhを予定しており、これは南砂町駅~西船橋駅で消費する付帯用電力の12パーセント※2に相当し、年間508tのCO2排出削減につながります。

 これにより、日比谷線南千住駅、東西線(西葛西駅~西船橋駅)8駅、千代田線北綾瀬駅の合計10駅に太陽光発電システムの設置が完了しました。

 引き続き再生可能エネルギーの利用を進め、環境負荷低減に貢献してまいります。

 詳細は、添付ファイルをご確認ください。

 

 

Adobe® Reader®のダウンロード(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。