ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

列車の運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

MENU

ここから本文です

会社情報

  
KEYWORD 03

東京の魅力・活力の共創

地域や外部との積極的な連携を通じて、東京2020大会の成功につなげるとともに、その先の東京の発展も見据え、都市としての魅力・活力の創出と東京に集う人々の活き活きとした毎日に貢献していきます。

1

沿線地域と連携したにぎわいの創出

沿線地域や相互直通運転先の各社との連携を密にし、これまで以上に沿線地域の魅力を発掘・発信し、沿線の価値向上を図ります。

地域の魅力の掘り起こしによる新たな需要の創出

CMを含む映像コンテンツや、SNS、フリーペーパー等に加え、体験型トークイベント AND STORY「旅するトーク」等を通じて、地域に根差した魅力の発掘・発信を進めます。

  • 東京メトロ×AND STORY
    東京メトロ全179駅でその街やその街に関わる人の魅力を語る「旅するトーク」の開催や、体験提供者と参加者をつなぐシェアリングサイトの運営により、東京をより魅力的な街にします。

地域の魅力の掘り起こし(AND STORY)

相互直通運転先の各社等との連携強化

車両基地イベントや相互PRキャンペーン等を通じ、鉄道各社との連携を密にし、相互直通運転先を含めた魅力発信を進めます。

東京メトロどきどき体験隊 in わこう2018

沿線の地域活性化に向けた各種組織体との連携強化

沿線のイベント実行委員会に加え、エリアマネジメント協議会・自治体、商店街等との連携を一層強化し、熱意を持って地域活性化に取り組む沿線地域の皆様とともに地域の魅力の育て上げに取り組みます。

神田カレーグランプリ連携企画
浅草エーラウンド連携企画
浅草エーラウンド連携企画

街の御用聞きプロジェクト

駅周辺地域との交流をさらに加速し、イベント等の参加や告知により、にぎわいを創出します。

綾瀬しょうぶまつり
2

まちづくりとの連携

駅周辺で計画されている都市開発と一体となって鉄道施設の整備を行い、「まちの顔」となるような魅力的な空間の構築を図ります。
また、新たな取組みとして、各駅が抱える課題等を公表し、行政や都市開発事業者等との早期連携を可能とすることで、駅周辺における都市開発のさらなる活性化に寄与します。

都市開発事業者等との連携強化(えき・まち連携プロジェクト)

これまで実施してきた「公募型連携プロジェクト」を拡大し、バリアフリー設備の整備だけでなく、駅混雑等の各駅の抱える課題を公表し、行政や都市開発事業者等と連携した魅力的な地下鉄駅空間を整備します。

大規模な都市開発による駅周辺のまちづくりと一体となった鉄道施設整備の推進

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅整備

2020年度供用開始予定

本地域に求められている「生活環境を備えた国際的なビジネス・交流拠点の整備」及び「交通結節機能の強化」の実現に向け、独立行政法人都市再生機構から東京メトロが工事等を受託している虎ノ門ヒルズ駅の整備を進め、供用を開始します。

最終完成時のイメージ

銀座線虎ノ門駅周辺開発と連携した駅改良
2020年度供用開始予定

虎ノ門駅前地区再開発事業において、建物の中に駅前広場の整備や、渋谷方面行ホームの拡幅を行います。また、既存出入口の混雑緩和のため、出入口の新設等を行うとともに、エレベーター・エスカレーター等、新たなバリアフリー設備も整備します。

3

オープンイノベーションの推進

オープンイノベーションにより、東京メトログループの保有する経営資源と外部のアイデア・技術との組み合わせによる新たな事業や価値を創出します。

外部連携による新たな価値の提供

将来的に東京で起こり得る社会情勢の変化をとらえ、お客様や社会へ新たな価値を提供することを目指し、3つのテーマに基づいた施策に取り組みます。

3つのテーマ

健康の維持・増進を通じ、
沿線地域の活力を引き出す

"つながり"の創出を通じ、
持続可能な地域社会形成に貢献する

働き方の多様化等に伴う新たな移動の価値を提供し、都市機能を高める

今後の取組み

ベンチャー企業への投資手法検討、アクセラレータープログラムによる共創 等

  • (例)shikAI

    プログレス・テクノロジーズ株式会社との協業による、視覚に障がいのあるお客様向けナビゲーションツール「shikAI」の開

    shikAI

データの利活用

外部リソースとの連携により、先進的な価値を社内外に提供することを目指し、データの利活用を積極的に進めます。

  • 社内外の様々なデータを活用することによる新たな価値の発掘

  • オープンデータやベンダー、スタートアップ等の外部リソースを活用したイノベーション創出

  • マーケティング分析への応用やお客様のニーズに合わせた商品開発や情報配信の実現

4

新たなモビリティサービスの実現に向けた取組み

東京における混雑、渋滞問題に対して旅客流動の円滑化に寄与するとともに、通勤、生活、観光等多様な移動目的、多様なお客様ニーズに対して、様々な交通手段を一元的かつシームレスに提供することで、それぞれのお客様にとって便利でわかりやすい、ユニバーサルな移動サービスを実現し、モビリティにおける新たな価値を創造していきます。

展開イメージ

  • 公共交通及び各種シェアリングモビリティとの連携に加え、シームレスな移動サービスを一元的に提供

  • ルート検索、予約、決済からシームレスな移動を案内する大都市型MaaS(Mobility as a Service)アプリの提供