ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文

運行情報

列車の運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

MENU

ここから本文です

安心への取組み

あぶないことをやめる

  

危険につながる行動

危険につながる行動にご注意ください
ちょっとした不注意で、危険にあったり、多くの人がトラブルや事故に巻き込まれたりすることがあります。皆様の安全を守るために、ご協力をお願いします。
ワンポイント
何気ない行動が危険に
普段の行動でも駅ホームでは危険につながることがあります。携帯やスマートフォン(スマホ)などをご利用しながらの「ながら歩き」 は、多くの転落・接触事故の原因となっています。また、ホームには水はけをよくするよう線路側に傾斜があるため、ベビーカーなどはストッパーを使わずに離してしまうと転落するおそれがあります。アルミ製風船は架線に触れると停電や電車に運行障害がおこる可能性がありますのでご注意ください。

駅の安全対策

危険なもちもの

  • 爆発・破裂のおそれ、または有毒ガスが出るおそれがあるもの。詰め替えた または 混ぜ合わせた 漂白剤・洗浄剤 等
  • 梱包が不十分なナイフ、ハサミ、工具、鋭利なもの
  • マッチと軽火工品。大量のマッチ 大量の花火 等
  • 梱包が不十分な高温液体等。ふたをしていない熱々のコーヒー 等
  • 可燃性液体。ガソリン 灯油 等
  • その他の危険物 例)・火薬類:弾薬、ダイナマイト等。・高圧ガス:プロパンガス、液体窒素等。・酸類:硫酸、塩酸等。・毒物・農薬:クロロホルム、ホルマリン、除草剤、殺鼠剤等。・自然発火・引火するおそれがあるもの。上記のほか、他のお客様に危害を及ぼすおそれのあるものや、ご迷惑をおかけするものは、持込みを禁止しております。※量・重さや梱包状態によっては持込み可能なものがあります。
危険物の持込みは禁止されています
駅構内・車内は安全を守るため、危険物の持込みは禁止されています。駅や車内での事故や電車の遅れなどにつながりますので、ご協力ください。
ワンポイント
持ち物をご確認ください
平成24年に丸ノ内線内で、持込まれた洗剤入りのアルミ缶が破裂し、お客様が負傷するという事故がありました。危険物だけでなく、日常品においても使用上の注意を守り携帯をお願いいたします。
東京メトロでは、セキュリティカメラや透明なゴミ箱を設置するなど、危険物の持込みやテロ・犯罪の警戒を強化しています。また、危険物をお持ちの疑いがある場合は、手回り品の点検をお願いすることがありますのでご協力ください。

危険物の持ち込みはできません

関連コンテンツ